びっくり箱殺人事件 (角川文庫 緑 304-17)

著者 :
  • KADOKAWA
3.16
  • (1)
  • (6)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 110
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304174

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 表題作は講談調のユーモア作品
    金田一はでてこないけれどドタバタがなかなか楽しい

  • なかなか面白い味わいのある作品でした。横溝正史ってこんな作品も書くんだなっていうような作品でした。

  • 犯人がびっくり箱を使おうとした過程が面白い。解説に書かれていた、本編を原作とした江戸川乱歩や高木彬光が出演の放送劇というのがとても気になる・・・

  • 最近、Kindleでも手に入るようになってきましたが、やっぱりおどろおどろしい感じがする古本の方が雰囲気ぴったりなのであえて書籍版で読む。

    等々力警部が出てくる「びっくり箱殺人事件」、金田一探偵シリーズの「蜃気楼島の情熱」の2編収録。
    「びっくり箱・・・」の方はコミカルな味の殺人トリックの謎解きが中心でです。やっぱり横溝特有の戦後日本でのどろどろ因習を背景にした「蜃気楼島・・・」の方が好みだな。

  • 等々力警部がらみのハチャメチャ連続殺人である表題作と、金田一耕助の短編「蜃気楼島の情熱」の2作。

    表題作の方は、登場人物多くして話がまとまらないのでどんどん殺したという感じで、軽いんだけど散漫。登場人物の名前やキャラクターから、事件の見せ方、言葉遣いまで、全編にわたって「悪ノリ」としか言いようのない話。それでも終盤になんとかまとまってくるのだが、講談というか演劇的というか、グイグイのノリに乗れなければ全く楽しくない。結局最後までのれず。

    それに引きかえ、金田一作品は落ち着いていて読みやすかった。が、殺人の動機が弱いのに、短編には不要と思える、キャラクターの濃い登場人物のおかげで、こちらも散漫な印象。

    金田一耕助の、キャラクター付けの重要な部分がかいま見えるという意味では貴重なのかもしれないけど、後回しでも良いかなという2作。

  • イメージ参照(http://blogs.dion.ne.jp/kentuku902/archives/4071971.html)
    (収録作品)びっくり箱殺人事件/蜃気楼塔の情熱

  • 等々力警部  金田一耕助

  • 未読

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1902年、神戸市に生まれる。旧制大阪薬専卒。26年、博文館に入社。「新青年」「探偵小説」の編集長を歴任し、32年に退社後、文筆活動に入る。信州での療養、岡山での疎開生活を経て、戦後は探偵小説誌「宝石」に、『本陣殺人事件』(第1回探偵作家クラブ賞長編賞)、『獄門島』『悪魔の手毬唄』など、名作を次々に発表。76年、映画「犬神家の一族』で爆発的横溝ブームが到来。いまもなお多くの読者の支持を得ている。82年、永眠。

「2022年 『蝋面博士』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横溝正史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×