貸しボート十三号 (角川文庫 緑 304-30)

著者 :
  • KADOKAWA
3.44
  • (1)
  • (10)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304303

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 金田一耕助シリーズ短篇集3本。許婚者が惨殺される話2本と、連続殺人犯もの1本。

    許婚者(いいなずけ)のものは、時代背景の違いなどがあり、特に1本目の引揚者同士のいざこざはなかなかわかりにくいかもしれない。

    ただ、エンターテインメント慣れしてきたあたりの作なのか、金田一耕助のキャラクターも十分固まってきていて(初期のものから相当変わっているけれども)、めちゃくちゃな部分が減ってきた分、全作読みやすくオススメである。

    最後の同性愛を組み込んできた話については、かなりのワルノリが炸裂していて、清朝や乱歩で読んだことの有るような死体発見からはじまり、やたらと熱した串が刺さったり、爆弾が爆発したりと言うようなツッコミ待ちの比喩のオンパレードでやや辟易する。

    オチも強引で、導入が面白かっただけになんだかなというところだ。

  • 金田一耕助シリーズの短編集です。タイトルの「貸しボート十三号」と「湖泥」「堕ちたる天女」の三編から構成されておりました。
    「湖泥」は以前、別の短編集で既読だったので、残り2編を読んだのですが、2編ともなかなかよく練られた展開でミステリー作品として読みごたえのある作品で満足しました。
    でも「堕ちたる天女」は金田一耕助シリーズの別作品と設定など類似している内容のようにも思えました。

  • イメージ参照(http://kentuku902.seesaa.net/article/387157563.html)
    (収録作品)堕ちたる天女/貸しボート十三号/湖泥

  • 表題作の「貸しボート十三号」に出てくる大学生たちが好ましい感じで善い。金田一や等々力警部と一緒にカレーを食う場面なんて愛おしいくらい。反面、同時収録されている「墜ちたる天女」が発表された昭和29年当時の同性愛差別観丸出しで読んでいて辛かった。

  • 再読。「湖泥」、「貸しボート十三号」、「堕ちたる天女」の3つの中編を収録。磯川警部もの、等々力警部もの、そして両警部の競演ものと、絶妙な組み合わせが嬉しい。事件の陰には◯✕が……、といのも3作品の共通項かな。中編ならではの密度の濃さと切れ味が愉しめる作品集。

  • 金田一耕助

  • 途中から犯人の想像がつくお話も入ってたけど、面白かった。

  • 魅力的な謎。複雑な真相。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

横溝 正史(よこみぞ せいし)
1902年5月24日 - 1981年12月28日
兵庫県生まれの小説家、推理作家。本名は同名で「よこみぞ まさし」。筆名を誤読した作家仲間にヨコセイと渾名され、セイシをそのまま筆名にするようになった。
1921年『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が雑誌『新青年』の入選作になり、これが処女作とみなされる。 1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館入社。1927年『新青年』の編集長に就任、その後『文芸倶楽部』『探偵小説』等の編集長を務めながら創作活動を続けたが、1932年に同誌が廃刊となり、会社を退社。専業作家に。
金田一耕助を生む。第1回探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞した『本陣殺人事件』をシリーズ第一作として、以降多くの「金田一耕助」シリーズ作を残す。代表的な作品に、1947年『獄門島』、1949年『八つ墓村』、1950年『犬神家の一族』、1957年『悪魔の手毬唄』など。

貸しボート十三号 (角川文庫 緑 304-30)のその他の作品

横溝正史の作品

ツイートする