スペードの女王 (角川文庫 緑 304-31)

著者 :
  • KADOKAWA
3.23
  • (3)
  • (6)
  • (33)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 134
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学生時代に友人に強く薦められて読了。
    典型的な首なし殺人事件(!)
    この手のプロットのある意味教科書的な筋書きであるかもしれない。
    自分にはいまひとつ盛り上がることができなかったと記憶している。謎の展開と雰囲気はそれなりに楽しむことができた。
    個人的な話だが、当時通っていた歯医者の待合室で、ドクトル・ジバゴのBGMを聴きながら読んでいたという記憶ばかりが残る。(笑)

  • エログロ系作品。
    しかもかなりフェティッシュな性癖が
    真実の一部に含まれているので
    女性の方は注意。

    それと文中にひとつ死語が
    入っています。
    一応それは調べてください。

    ところどころ伏線は出てきますが
    メインのほうへ犯人の推理を向かせる
    一種のわなと見てよいでしょう。
    しかも犯罪の理由は…
    かなり意外に感じるはずですよ。

  • 金田一耕助シリーズ

    ももにスペードの女王の刺青が彫られた首のない女の死体。謎の女にスペードの女王の刺青を入れた彫師・彫り亀の謎の死。彫亀の妻から相談を受けた金田一耕助の捜査。金田一耕助に会いに行くと会社を出た前田浜子の殺害。浜子の姉・豊子の太ももに彫られたスペードの女王。遺体の主は豊子か?神埼八重子か?神埼八重子の愛人・岩永久蔵の殺害。岩永の部屋の隠し金庫から見つかった写真。

  • 意外な展開でよかったです。ラストもベタで好きです。

  • 2017/11/27読了

  • 金田一耕助シリーズの長編でした。スリリングな連続殺人事件と交換殺人事件という内容の展開で、なかなか読みごたえがあり面白かったのですが、オチが唐突な感じがして、深みが無く、やや残念でしたかね?
    残り少なくなってきましたが、金田一耕助シリーズを読み進めていきます!

  • 古書で購入。
    解説にもある通り「顔のない死体のトリック」に取り組んだ筆者の意欲作である。
    読んだ正直な感想としては、幕切れがどうもすっきりしない思いがします。横溝ファンの諸賢に解題を願いたいところ。

  • 金田一シリーズで、大ボスもいないし古来からの言い伝えもない、割とシンプルなミステリ。大ボスらしき人はいるっちゃあいるんですが。

    序盤の、事件を持ち込む女性の話から、金田一が事件に絡んでいく仮定が、さすが横溝正史というストーリー展開で素晴らしく、伝聞でそこまで詳細がわかるのかよというツッコミはさておいて面白い。

    しかしその後、登場人物を若干増やしすぎた感も有り、そこで話がボケてしまったのは残念。

    とはいえ、最後にはどんでん返しが繰り返され、大ボスはそこでそんなにあっさり解決してしまって良いのか?というところは有りましたが、楽しんでいるうちの幕切れで非常に小気味良く読める1冊となっている。

  • 金田一耕助

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1902年、神戸市に生まれる。旧制大阪薬専卒。26年、博文館に入社。「新青年」「探偵小説」の編集長を歴任し、32年に退社後、文筆活動に入る。信州での療養、岡山での疎開生活を経て、戦後は探偵小説誌「宝石」に、『本陣殺人事件』(第1回探偵作家クラブ賞長編賞)、『獄門島』『悪魔の手毬唄』など、名作を次々に発表。76年、映画「犬神家の一族』で爆発的横溝ブームが到来。いまもなお多くの読者の支持を得ている。82年、永眠。

「2022年 『蝋面博士』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横溝正史の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×