華やかな野獣 (角川文庫 緑 304-37)

著者 : 横溝正史
  • KADOKAWA (1976年8月発売)
3.14
  • (0)
  • (5)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :83
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304372

華やかな野獣 (角川文庫 緑 304-37)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 軽く読める金田一もの3篇。

    『華やかな野獣』★★★
    表題作。貿易会社を経営する美貌の敏腕家、高杉奈々子が主催する破廉恥パーティー(!)で起こる殺人。

    『暗闇の中の猫』★★★
    終戦後の東京、金田一最初の事件。とある銀行強盗事件にまつわる顛末。

    『睡れる花嫁』★★★★
    朽ちたアトリエに花嫁装束の腐乱死体。陰惨な事件。

    最初の2篇が、わりと普通で油断していただけに『睡れる花嫁』はちょっと驚いた。ある程度は予想できたがひとひねり有り。そのひとひねりが良かった。

    金田一耕助の神出鬼没さがちょっとコントの様でもある。
    短篇なのにそれぞれ人が死に過ぎる。いや、いいんですけど。
    金田一さん、なにやってんの。笑ってる場合じゃないよ。

  • 母の蔵書より。

    前に「戦後すぐのミステリにはエログロは当たり前だった」という話を聞きましたが、横溝作品なんてモロその時代ですね。。
    でも乱歩よりはエログロ成分すくなくって好きです。秘密乱交クラブだとか、死姦だとか、あまり必要なさそうなエロエッセンスは出てくるものの、そのこと自体は特に本筋にからんでこないし、あと気持ち悪いカタカナ擬音語も少ないし(笑)

    「眠れる花嫁」を読んで、映画「乱歩地獄」の「蟲」を思い出した人は少なくないはず。
    青黒く落ちくぼんだ目をつむって、金襴緞子に身を包み、
    目にもあでな高島田を枕に寄りかからせて、死んでいる花嫁。


    なぜ腐乱手前の死体と豪奢な衣装は相性がいいのだろうか?

  • 金田一耕助シリーズ

    表題作ほか、「暗闇の猫」「睡れる花嫁」収録。
    表題作のトリックが大胆でした。

  • 金田一耕助シリーズの短編集で、タイトルの「華やかな野獣」と「暗闇の中の猫」「睡れる花嫁」の3編から構成されていました。金田一耕助シリーズの短編は中長編に比べるとストーリー的にいまいちなものが多いのですが、やはり「華やかな野獣」と「暗闇の中の猫」はいまいちでしたね。
    「睡れる花嫁」は以前別の短編集で読了済でしたが、この話は、短編の中では、なかなかよく練られているストーリーだと思います。

  • イメージ参照(http://kentuku902.seesaa.net/article/387160219.html)
    (収録作品)華やかな野獣/暗闇の中の猫/睡れる花嫁

  • 「華やかな野獣」・「暗闇の中の猫」「睡れる花嫁」の全3編。「女傑」をコンセプトにした話で統一されている。等々力警部初対面の事件が描かれた話もある。

  • 金田一耕助

  • 今回の表紙は、表題作がテーマ。華麗なマスクをつけた暗い表情にも見える女性のアップ。色調はくすんだ黄色と薄緑。顔色に黄色や緑を使うと非常に病的にみえ、派手な装飾とあいまって退廃的な感じを見事に表現した表紙です。3篇のどれも退廃的な事件(乱交パーティー、死体愛好・・・)を扱った短編集。短編なので、謎解きに焦点が当てられ、まるで数式(しかも変態的な)を読んでいるよう。表題作では、もじゃもじゃ頭のままで、タキシード姿のボーイとなりパーティーに潜入している金田一探偵の姿が・・・でも、いくらトリックを見破る自信があるからといって、目の前で毒殺された人がいるのに、にこにこ笑っててはいけません。

  • どれもまあまあ。金田一耕助って、現代だと違法にあたる捜査方法をするよね、たまに(笑

  • 金田一耕助の論理的推理。変装好き。

全10件中 1 - 10件を表示

華やかな野獣 (角川文庫 緑 304-37)のその他の作品

横溝正史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
横溝 正史
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする