毒の矢 (角川文庫 緑 304-39)

著者 : 横溝正史
  • KADOKAWA (1976年9月発売)
3.18
  • (1)
  • (2)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304396

毒の矢 (角川文庫 緑 304-39)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブスに対して容赦ない描写の横溝正史

  • 高級住宅街・緑ヶ丘町一帯に、悪意に満ちた奇怪な密告状が舞い込み始めた。差出人は黄金の矢と名乗る謎の人物。はじめはたちの悪いイタズラと笑い過ごしていた人々も、殺人事件が起こるにいたり、たちまち恐怖のどん底に叩き落された。被害者はアメリカ帰りの富裕な未亡人で、むき出しの背中に彫られたトランプ散らしの刺青のうち、ハートのクイーンの部分を無気味なからす羽根の矢が深々と刺し貫いていた!

    発表年:1956年

    角川文庫(1976.09)

  • 金田一耕助

全3件中 1 - 3件を表示

毒の矢 (角川文庫 緑 304-39)のその他の作品

横溝正史の作品

毒の矢 (角川文庫 緑 304-39)はこんな本です

ツイートする