恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール) (角川文庫 緑 304-46)

著者 :
  • KADOKAWA
3.16
  • (0)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304464

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今週末はエイプリルフールってことでなんとなく読んでみた。

    うーん。。なんだか微妙。。。。
    怖いっていうより、ちょっと笑ってしまうような感じ。
    読み終わった後、『ちゃんちゃん

  • 「本陣殺人事件」や「獄門島」で知られる横溝正史の埋もれた初期の作品を集めた単行本を分冊文庫化した前半。
    表題作「恐ろしき四月馬鹿」は作者の処女作にして、雑誌「新青年」の懸賞小説で一等当選という、既に大物作家になることがうかがわれる。
    犯罪なのか、犯罪にはいたらないささいな事件なのか、様々な趣向をこらした大正期の作品群14篇。

  • 横溝正史のショートショート集とでも言うべき、非金田一な、大人読者向けの超短篇集。短いだけあって、トリックもシンプルなら話も単純…と思いきや、表題作も含め、騙し騙されの2段、3段オチがたくさん。舞台に一貫性もないため、おかげで読みにくい。

    時代もあって、一人称の伝聞や自分語りによるストーリーが多いため、かなり辛いと感じる読者も多いだろう。特に大阪弁での一人称がたり「おしんちゃん」など苦痛でしかない人もいるだろう(面白いんだけど)。

    通常、短篇集やショートショートはどこからでも読めるため、電子書籍向きなのだが、どうもこれは電子書籍よりは紙の書籍体で読みたい。紙でも頭に入ってきにくいのは、トリックやアイデアだけ先行しているからではないか。

    ランダムに時間をかけてポロポロと読むのには良いが、1冊まとめて読破しよう!という話でもなく、電子書籍に向いているとも言えず、面白いんだけど突き抜けているようなものもないのでオススメってほどでもなくという1冊であります。

  • 十四篇の短編集となっている。
    これらの作品群が、後の横溝氏の名作を生む布石になるのかと思いながら読んだ。
    一つ一つの作品が光を放ち存在感があるようにも思われる。
    初期の作品なのに、趣があるのは考えすぎかもしれないが、しっかりと「落ち」まで書かれた物語に魅了される。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4041304466
    ── 横溝 正史《恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)197703‥ 角川文庫》
    ── 横溝 正史《深紅の秘密 192108‥「新青年」増刊》
     

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

横溝 正史(よこみぞ せいし)
1902年5月24日 - 1981年12月28日
兵庫県生まれの小説家、推理作家。本名は同名で「よこみぞ まさし」。筆名を誤読した作家仲間にヨコセイと渾名され、セイシをそのまま筆名にするようになった。
1921年『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が雑誌『新青年』の入選作になり、これが処女作とみなされる。 1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館入社。1927年『新青年』の編集長に就任、その後『文芸倶楽部』『探偵小説』等の編集長を務めながら創作活動を続けたが、1932年に同誌が廃刊となり、会社を退社。専業作家に。
金田一耕助を生む。第1回探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞した『本陣殺人事件』をシリーズ第一作として、以降多くの「金田一耕助」シリーズ作を残す。代表的な作品に、1947年『獄門島』、1949年『八つ墓村』、1950年『犬神家の一族』、1957年『悪魔の手毬唄』など。

恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール) (角川文庫 緑 304-46)のその他の作品

横溝正史の作品

ツイートする