芙蓉屋敷の秘密 (角川文庫 緑 304-58)

著者 :
  • KADOKAWA
3.36
  • (1)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304587

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 空前の横溝ブームにより、著者の初期の作風も読みたいという読者の希望を満たすため『恐ろしき四月馬鹿』『山名耕作の不思議な生活』が角川文庫から出版され好評を得たが、文庫での作品総集というにはまだ未収録のものが多く、それらを集めた作品集。著者の最初の本格長編である「芙蓉屋敷の秘密」は、現代の読者にも十分通用する謎解き小説であり、一読の価値がある。

  • 表題作以外はいまいち。「舜吉の綱渡り」の結末の意外性にびっくり。

  • 79113.113

    横溝初期の短編集。ちょっと急いで読んだせいか、作品の印象が薄い面もある。

  • 短編集です。
    私は古いのを読むのが好きです。
    彼の推理には何時も感嘆します

全4件中 1 - 4件を表示

芙蓉屋敷の秘密 (角川文庫 緑 304-58)のその他の作品

横溝正史の作品

ツイートする