真説金田一耕助 (角川文庫 緑 304-63)

著者 :
  • KADOKAWA
3.63
  • (5)
  • (5)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304631

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  新型コロナウィルス禍の影響で長期間にわたっていつも行く図書館が休館になっているので、新しい本を借りることができません。 ということで、かなり以前にダウンロードしていた電子書籍の中から気軽に読めそうなものとして選んだのが本書。昭和51年9月から1置年間、毎日新聞で連載されたエッセイをまとめたものとのことです。
     横溝正史さんのフランクな人柄そのままの楽しい読み物です。

  • 金田一耕助も今は昔になりました。
    創作秘話的な話しにも、惹かれるものは無かった。2012.10.26

  • 古本屋でやっと見つけました!金田一耕助ファンとしては是非欲しかった一冊です。

  • 金田一耕助の話の誕生話や横溝正史の人となりなどが分かって面白かった。

  • 金田一耕助シリーズは、中学三年の秋~冬に読みました。
    その集大成で読んだのがこのエッセイです。横溝氏の執筆の苦労話や疎開先で得たアイデア等、ある程度作品を読んだ後に読みたい一冊です。

  • 横溝氏に親しみが湧く。エッセイの雰囲気が阿刀田高氏みたいだな。(2004-10-28)

  • この本もしかして絶版?
    愛読書その2。「本陣殺人事件」や「獄門島」の裏話や、「犬神家の一族」の映画に関するエピソードなど盛りだくさん。金田一ファンにはオススメ。和田誠氏のイラストも素晴らしい!

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1902年、神戸市に生まれる。旧制大阪薬専卒。26年、博文館に入社。「新青年」「探偵小説」の編集長を歴任し、32年に退社後、文筆活動に入る。信州での療養、岡山での疎開生活を経て、戦後は探偵小説誌「宝石」に、『本陣殺人事件』(第1回探偵作家クラブ賞長編賞)、『獄門島』『悪魔の手毬唄』など、名作を次々に発表。76年、映画「犬神家の一族』で爆発的横溝ブームが到来。いまもなお多くの読者の支持を得ている。82年、永眠。

「2022年 『蝋面博士』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横溝正史の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×