金田一耕助の冒険 1 (角川文庫 緑 304-64)

著者 :
  • KADOKAWA
2.89
  • (1)
  • (4)
  • (24)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 128
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304648

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 金田一耕助シリーズの短編集で、「○の中の女」というタイトルから成る6編で構成されておりました。
    やはり金田一シリーズの短編は内容がどうしても薄くなってしまうので、1編がさくさくと読めるのですが、内容的にはどれもいまいちな感じがしてしまうのでした。
    パート2を読んで、あらかた金田一耕助シリーズは完読と言えそうです。

  • イメージ参照(http://kentuku902.seesaa.net/article/387162479.html)
    (収録作品)檻の中の女/霧の中の女/洞の中の女/鏡の中の女/瞳の中の女/傘の中の女

  • 全体にイマイチ。やはり金田一(と言うか横溝正史すべて)は長編に限るね。しかし、いつでもどこでもつるみっぱなしの金田一と等々力警部って......ホモダチ!?

  • (メモ:高等部1年のときに読了。)

  • 金田一耕助ものは、長編の方が好きなのですが、これはまあまあ面白かった。

  • まぁ読みやすいこと読みやすいこと。クラシックな面白さ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1902 年5 月25 日、兵庫県生まれ。本名・正史(まさし)。
1921 年に「恐ろしき四月馬鹿」でデビュー。大阪薬学専門学
校卒業後は実家で薬剤師として働いていたが、江戸川乱歩の
呼びかけに応じて上京、博文館へ入社して編集者となる。32
年より専業作家となり、一時的な休筆期間はあるものの、晩
年まで旺盛な執筆活動を展開した。48 年、金田一耕助探偵譚
の第一作「本陣殺人事件」(46)で第1 回探偵作家クラブ賞長
編賞を受賞。1981 年12 月28 日、結腸ガンのため国立病院医
療センターで死去。

「2022年 『赤屋敷殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横溝正史の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×