金田一耕助の冒険 2 (角川文庫 緑 304-65)

著者 :
  • KADOKAWA
3.04
  • (2)
  • (0)
  • (24)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 104
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304655

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Kindle版

  • パート1に続き、あっという間に読みやすくパート2も読了しました。本作もパート1同様「○の中の女」というタイトルの短編が5編から構成されておりました。
    やはりパート1同様、短編集なだけにどの作品も尻切れ的で内容が淡泊な感じがしてしまうのでした。
    でも、これで金田一耕助シリーズ作品は長編、短編含め、ほぼほぼ完読ですかね?
    一番印象に残った金田一作品は最近読んだせいというのもあるでしょうが「悪霊島」ですかね?

  • (メモ:高等部1年のときに読了。)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1902 年5 月25 日、兵庫県生まれ。本名・正史(まさし)。
1921 年に「恐ろしき四月馬鹿」でデビュー。大阪薬学専門学
校卒業後は実家で薬剤師として働いていたが、江戸川乱歩の
呼びかけに応じて上京、博文館へ入社して編集者となる。32
年より専業作家となり、一時的な休筆期間はあるものの、晩
年まで旺盛な執筆活動を展開した。48 年、金田一耕助探偵譚
の第一作「本陣殺人事件」(46)で第1 回探偵作家クラブ賞長
編賞を受賞。1981 年12 月28 日、結腸ガンのため国立病院医
療センターで死去。

「2022年 『赤屋敷殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横溝正史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×