黄金の指紋 (角川文庫 緑 304-83)

著者 :
  • KADOKAWA
2.91
  • (0)
  • (4)
  • (14)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 99
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304839

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 荒唐無稽に見えるのはジュブナイルだからある程度しょうがないだろう。
    それにしてもこの小説の金田一は情けなさすぎる

  • 横溝正史の子供向け小説。一応、金田一耕助シリーズ。内容的には、横溝版「少年探偵団 vs 怪人二十面相」なんでしょうな。「怪獣男爵」というのがもう一人の主人公。

    冷静に読んでしまうと、色々と子供だましのトリックだったり、「その話は後でするとして」と引き伸ばされたりとイライラするが、紙芝居のような流れるストーリーとして読み始めると、なかなかやめられなくなる。

    また、横溝作品の初期のものに多い、何でもかんでも第二次大戦と繋げる描写もこの作では皆無なので、子供が読んでも楽しめるだろう。

    とはいえ、まあ、子供向けですね。

  • ジュブナイル作品だからだろうか、金田一耕介がとても行動的に映って新鮮だった。

  • ◇あらすじ◇
    夏休みを利用し、東京から下津田の町に遊びに来ていた邦雄。
    勉強のかたわら、海水浴をしたりハイキングをしたりと夏休みを謳歌していた彼だが、ある夜を境にその運命は大きく変わる。
    彼の運命を変えたのは、難破船の遭難者から預かった、黄金の燭台だ。
    『これを金田一耕助という人に渡してくれ…』
    この言葉とともに預かった金色に輝く燭台は、どうやらある少女の運命を握る大切な証拠らしい。
    燭台と少年、そして名探偵金田一耕助をめぐる物語が、今はじまる。


    ◇感想◇
    良くも悪くも、読者に優しい本だなぁと思いました。
    場面が変わる度に入る説明、伏線の素早く明快な回収。
    また勧善懲悪がはっきりしていて入れ替わりもないため、夜寝る前にだらだら読んでも、うっかり迷子になることはないでしょう。
    地の文はまるで紙芝居のナレーションみたいで、臨場感があるという点では面白かったと思います。

    ただストーリーやキャラクター設定は、少し浮き世離れし過ぎていて物足りない、というのが正直な感想です。
    もう少し複雑な感情をもっていたり、癖のあるキャラクターがいても良いのでは、と思ってしまいました。
    小・中学生の時に読めば、もっと素直に楽しめたかなぁと思います。

  • 金田一耕助

  • 金田一耕助シリーズ

    難破船の生き残りから託された黄金の燭台。それを狙う悪人たち、金田一耕助のもとに依頼された少女の救出。伯爵家の相続と燭台に隠された謎。怪獣男爵と金田一耕助との対決。

  • 「これを金田一耕助という人に渡してくれ】。難波船の遭難者が死ぬ前に邦雄少年にことづけた黒い箱。薄幸の少女の運命を握る燭台の謎とは…。事件の核心に迫る金田一の活躍いかに!(山村正夫)

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

横溝 正史(よこみぞ せいし)
1902年5月24日 - 1981年12月28日
兵庫県生まれの小説家、推理作家。本名は同名で「よこみぞ まさし」。筆名を誤読した作家仲間にヨコセイと渾名され、セイシをそのまま筆名にするようになった。
1921年『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が雑誌『新青年』の入選作になり、これが処女作とみなされる。 1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館入社。1927年『新青年』の編集長に就任、その後『文芸倶楽部』『探偵小説』等の編集長を務めながら創作活動を続けたが、1932年に同誌が廃刊となり、会社を退社。専業作家に。
金田一耕助を生む。第1回探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞した『本陣殺人事件』をシリーズ第一作として、以降多くの「金田一耕助」シリーズ作を残す。代表的な作品に、1947年『獄門島』、1949年『八つ墓村』、1950年『犬神家の一族』、1957年『悪魔の手毬唄』など。

黄金の指紋 (角川文庫 緑 304-83)のその他の作品

横溝正史の作品

ツイートする