大迷宮 (角川文庫 緑 304-88)

著者 :
  • KADOKAWA
3.07
  • (1)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304884

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 横溝正史の子供向け探偵小説。シリーズで言えば、金田一vs怪獣男爵シリーズ。

    ある日電車の中で見かけた、サーカスから逃亡している少年が、雨の日に助けを求めた洋館にいた?それどころか、他の見世物に出演していたり、謎が深まるのだが、実は事件を解く鍵を持っている…。

    昭和ロマンの結構古いネタ使い(サーカス、見世物、不気味な洋館、アドバルーン等)がたくさん散りばめられているのが、子供向け小説らしい魅力なのだが、「そんなことあるかい」となってしまう大人には評判の悪そうな話である。

    実のところ、タイトルの「大迷宮」は地下迷宮物の名作「八つ墓村」に較べてもぼんやりと、しかもスペースかアイデアが尽きたか、一瞬しか描写されないので、冒険小説好きの欲求不満もあるかもしれない。

    また、横溝正史の子供向け小説の敵役によく登場する「怪獣男爵」は、見た目をはじめ、まったくもって人間味がないというか、魅力がないのも難点だ。

    とはいえ、講談調のペースもうまくハマっており、小学校中学校くらいで読めば、どんどん先を読まずにおれない文体やストーリー展開の魅力に溢れた作品でもある。まあ、子供向けの佳作。

  • 金田一耕助シリーズ。

    金塊が隠された大迷宮の秘密を握る三人の少年。怪獣男爵と金田一耕助の対決。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

横溝 正史(よこみぞ せいし)
1902年5月24日 - 1981年12月28日
兵庫県生まれの小説家、推理作家。本名は同名で「よこみぞ まさし」。筆名を誤読した作家仲間にヨコセイと渾名され、セイシをそのまま筆名にするようになった。
1921年『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が雑誌『新青年』の入選作になり、これが処女作とみなされる。 1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館入社。1927年『新青年』の編集長に就任、その後『文芸倶楽部』『探偵小説』等の編集長を務めながら創作活動を続けたが、1932年に同誌が廃刊となり、会社を退社。専業作家に。
金田一耕助を生む。第1回探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞した『本陣殺人事件』をシリーズ第一作として、以降多くの「金田一耕助」シリーズ作を残す。代表的な作品に、1947年『獄門島』、1949年『八つ墓村』、1950年『犬神家の一族』、1957年『悪魔の手毬唄』など。

大迷宮 (角川文庫 緑 304-88)のその他の作品

横溝正史の作品

ツイートする