姿なき怪人 (角川文庫 (5896))

著者 :
  • 角川書店
3.14
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304945

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 横溝正史のジュブナイル物って毎回似たようなパターン。
    この作品も結局また真犯人が✕✕か…という感じ。

  • 横溝正史の子供向け推理小説。子供向けとはいえ、全く容赦せずに、犬神家ばりに次から次へと殺していく。

    特に解説を書くような内容でもないし、文も読みやすくストーリーから置いて行かれることもないので、初心者向けといえば初心者向け。ある程度本を読んできた人には、全く物足りないので、中級者以上に対しては、本好き向けのキワモノ的な1冊といえる。

    「莫大な財産を相続した子供を狙う」「家が貧乏なので他所に預けられる」というのは、時代のものなのかね。

  • 『救いを求める電話』
    板垣博士の姪である吾妻早苗に付きまとう木塚陽介。早苗からの助けを求める電話を受けた三津木俊助。殺害された早苗の詰められたトランク。

    『怪屋の怪』
    板垣博士の依頼で太田垣三造の家を訪れた御子柴進。何者かに殺害された太田垣三造の遺体。太田垣の持つダイヤの指輪をねらう姿なき怪人の予告。

    『ふたごの運命』
    何者かに誘拐されたメリー望月とヘレン望月の双子の姉妹。怪トラックの荷台から落ちたマネキンの中からあらわれた少女の遺体。研究施設から盗まれた少女の遺体の秘密。

    『黒衣の女』
    謎の女の電話を受けた御子柴進。指定されたホテルの部屋で殺害された謎の男。男は探偵である辺見重蔵。辺見に捜査を依頼した中川女史。吾妻早苗から助けを求めらていた中川女史。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

横溝 正史(よこみぞ せいし)
1902年5月24日 - 1981年12月28日
兵庫県生まれの小説家、推理作家。本名は同名で「よこみぞ まさし」。筆名を誤読した作家仲間にヨコセイと渾名され、セイシをそのまま筆名にするようになった。
1921年『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が雑誌『新青年』の入選作になり、これが処女作とみなされる。 1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館入社。1927年『新青年』の編集長に就任、その後『文芸倶楽部』『探偵小説』等の編集長を務めながら創作活動を続けたが、1932年に同誌が廃刊となり、会社を退社。専業作家に。
金田一耕助を生む。第1回探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞した『本陣殺人事件』をシリーズ第一作として、以降多くの「金田一耕助」シリーズ作を残す。代表的な作品に、1947年『獄門島』、1949年『八つ墓村』、1950年『犬神家の一族』、1957年『悪魔の手毬唄』など。

姿なき怪人 (角川文庫 (5896))のその他の作品

姿なき怪人 (角川文庫) Kindle版 姿なき怪人 (角川文庫) 横溝正史

横溝正史の作品

ツイートする