ホンキイ・トンク (角川文庫 緑 305-5)

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (5)
  • (9)
  • (43)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041305058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8編の短編は、女性が眉を顰めそうなものも含めてエロ要素が多かった。印象的だったのは「ぐれ健が戻った」の生身の人間と幽霊が一緒にいる奇妙な描写。表題作は流石と唸らせる筆致。プリンセスのイヤラシさを感じさせない言動は、SFジュブナイル作品と通底している。大型コンピュータに政治を任せると国際社会に宣言した小国のしたたかさが良かった。ホンキイ・トンクの意味を本書を再読するまで忘れていた。逆に千葉市内のステーキ屋を真っ先に思い出すとは……

  • 2016.12.1(木)¥100(-2割引き)+税。
    2016.12.8(木)。

  •  社会、また特に政治分野におけるコンピューター化を題材にした表題作。コンピューターが本当に確実なのかどうかということを越えて、それを使う側の人間の知恵をも皮肉っているのが面白かった。
     文壇的なものや小説を書くことをパロディ化した「雨乞い小町」や「小説『私小説』」、高齢化社会をかなりの度合いでパロディ化したドタバタ劇「断末魔酔狂地獄」も印象的。全体を通して、多様な種類の短編が読めて楽しかった。

  • 科学、政治、社会学、広範な思索のごった煮が良

  • 『シニカルな風刺は未来を見通す』

    未来を見通せなければ、SF作家にはなれない。お手上げである。筒井康隆は天才である。今の筒井作品は厭らしく感じるが、やはり素晴らしい作家であると言わざるおえない。

    面白かった。

  • とてもユニークな発想
    機械と人間の関係
    小説家への皮肉を展開する。

    皮肉 風刺という点で優れたものがあるが
    残虐 人間に対する尊厳のネグレクト 陰惨さを持つ。
    読んでいる最中も 読み終わった後でも
    気分がよく さわやかさをあじわうことができない。

  • 久しぶりに筒井作品を読みたくなった。

  • どういう本だったか、ほとんど覚えてない。もったいない。

  • 音程の狂ったメロディのことをホンキイ・トンクという。
    筒井さんが好きそうな言葉。

  • 82054.285

    ただもう、面白がっていただけ。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

筒井 康隆(つつい やすたか)
1934年大阪市生まれ。日本を代表するSF作家の一人と目され、小松左京、星新一と並び「SF御三家」と称されることもある。
1981年『虚人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、1989年「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。1993年に断筆宣言を行ったことは大きな話題になった。1996年断筆解除後には、2000年『わたしのグランパ』で読売文学賞、2010年に第58回菊池寛賞、2017年毎日芸術賞をそれぞれ受賞。2002年には紫綬褒章も受章している。
代表作のひとつ『時をかける少女』は度々映画化、アニメ化され、多くの読者に愛される。ほか『日本以外全部沈没』、『文学部唯野教授』、『旅のラゴス』、『残像に口紅を』などは機会あるごとに話題となり、読み返されてきた。

ホンキイ・トンク (角川文庫 緑 305-5)のその他の作品

ホンキイ・トンク 単行本 ホンキイ・トンク 筒井康隆

筒井康隆の作品

ツイートする