心狸学・社怪学 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.52
  • (24)
  • (21)
  • (75)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 320
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041305188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学生の頃に古本市で10円で買って、この人の本を読み漁るきっかけになった本。

  • 小学生の頃の時、生まれて初めて読んだ筒井作品でした。ここから一気にハマります。
    反抗期の子供としてはストライクでした。
    物事を斜めに見る癖がついたと思います。
    ひねくれているとも言えますが、これを読む前よりは色々なものの見方ができるようになったと思っています。
    大人の方は、勇気を出してお子さんにオススメしてはいかがでしょう?

  • ばかばかしすぎて失笑通り越してあきれ果てることしきり。逆にここまで突き抜けるとすごいけど
    これを文章にしてなんの問題もないのか心配になってくるほどに
    えげつない。
    何か悩んで行き詰まったときに
    威力を発揮するかも。

    臓器移植を動物でやったり
    あり得ないロボット、下ネタもここまでくると怒る気力もなくなってくるような。
    時には肩の力を抜くことも必要なのかも。

  • どうにもお下品で奇天烈。
    皮肉が上手。

  • おもしろい。動物臓器移植の話など、一部は不快。

  • あほらしくて、やっぱりいいなぁ。

  • 「これがブックオフで心理学の棚にあった」
    人の心は狸によって騙され、
    社会は怪しいものである。
    学問なんて人間の自己中。

  • ≪内容≫
    心理学・社会学のテーマに合わせた短編集。社会問題・論壇・マスコミ・フェミニズム・権威主義など、全方位を叩き斬るようなブラックユーモア溢れる14編。

    ≪感想≫
    ドタバタと進んでいく話の中に、人間のある種の下品さや醜さを暴き立てるような面白さがある。いずれも昭和50年代の流行や社会問題を痛烈に風刺したものであるが、そこに描かれる人間性というのは今もまったく変わらないことがよくわかる。リズミカルな文体で一話一話が短いので、肩肘張らずにケラケラ笑いながらサクッと読み通せる。特に『サディズム』『優越感』『近代都市』あたりが面白かった。

  • 2010.11.23(火)。

  • ナルシシズム(筒井康隆)

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1934年、大阪市生まれ。65年、第1作品集『東海道戦争』刊行。『虚人たち』で泉鏡花文学賞、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、『朝のガスパール』で日本SF大賞、『わたしのグランパ』で読売文学賞を受賞。

「2022年 『誰にもわかるハイデガー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筒井康隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×