如菩薩団: ピカレスク短篇集 (角川文庫 つ 2-18)

著者 :
  • KADOKAWA
3.35
  • (6)
  • (5)
  • (30)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 124
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041305232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 筒井康隆好きだったが、歳のせいか途中でお腹いっぱい。
    短篇集だし、読書中断。

  • どれも良い作品ばかりだが読んだものばかりだったので。

  • 読んだような気がするけれど。

  • ピカレスクはならずもの・悪漢という意味。

  • ・4/11 読了.

  • あたりさわりない。安心して読める

  • 「くさり」ももちろんいいけど私はこっちが好き。未読の短編がやや多かったのもよし。
    後期より中期、初期にちょいかぶるくらいの時期のが多く、少し毒がたりないんだけど、
    ホラー短編集のほうにがっつり入ってるからいいや。
    それにしてもバブリーな時代だよなあ。

  • 「夜を走る」を読んで、筒井康隆おもしろい!と思った自分が、期待をして買った2冊目の本。であったが、期待は少し裏切られてしまった。なんというかこれに収録されている作品には露骨なエグイ描写が多かった。ややバランス感に欠けるかなと。2008-02-1

  • 短編集です。最初の話が面白いです。でも、ウンチが嫌いならやめたほうがいいです。

  • …衝撃的な話の連続。
    思わず顔を顰めてしまうようなあまりにもエログロな描写の数々。
    なのになんでこんなに笑えるの!?
    あー面白いっ。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家

「2017年 『現代作家アーカイヴ2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筒井康隆の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×