無影燈 (上) (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.54
  • (8)
  • (11)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041307083

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  も、昔はこういう小説を書けていたんだなぁ。隔世の感がある。それほど、引き込まれる小説である。
     限りある命とは、医師とは、新たに生まれ出る命とは、男とは、孤独とは、そして、男女の愛とは、いろいろなテーマが縦横無尽に描かれる。
     何度もドラマ化されるのもむべなるかな。いい小説です。

  • (1975.01.06読了)(1974.11.10購入)
    (「BOOK」データベースより)
    直江は大学病院の講師まで務めた優秀な外科医であったが、何故かエリートの道を棄て、個人が経営するオリエンタル病院の一医師として働いていた。どこかニヒルな影のある直江に惹かれた看護婦の倫子は、やがて彼と深い関係を持つようになったが、それでも容易に人に心を開こうとしない直江に恐れのようなものを感じていた。
    (「BOOK」データベースより)
    躰の交渉を重ねながらも、倫子にとって直江は、依然、不可解な存在であった。酒に溺れ、複数の女性とも関係があるようだ。密かに麻薬を打っている気配もある。正月休みに直江から旅に誘われた倫子は、その優しさに当惑しながらも、ともに雪の北海道へと旅立つ。しかし、この優しさの内にはある重大な秘密が隠されていた…。

    ☆関連図書(既読)
    「死化粧」渡辺淳一著、角川文庫、1971.05.20

  • ドラマ「白い影」をみてから読んだのでちょっと順番を間違ったw

  • 良かったですー!

    直江先生の生き方とかが、かっこいいです♪

    この作者さんの本、他にも読んでみたいですね。

  • 主人公の謎が多すぎです。

    早く下巻に進みたい、先が気になりすぎます!

  • 著者の「作品」は、これと『花埋み』と、せいぜい『リラ冷えの街』までだと思っているので…。上下巻とも一気に読んだことを憶えている。読後感も余韻もたっぷり、と記憶しているのだが。

  • ドラマの原作

  • TBS ドラマ 真夜中のナイチンゲールの原作

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち)
1933年10月24日 - 2014年4月30日
北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。しばらくは医者と同人誌活動を兼業。この時期1965年、『死化粧』で第12回新潮同人雑誌賞を受賞している。整形外科医師として医科大に勤務していたが、そこで行われた日本初の心臓移植手術に対し疑義を呈し、移植手術を元にした作品を記して辞職。以降、作家専任となる。その作品『白い宴』は1970年直木賞を受賞した。
1979年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞、1983年『静寂の声 ― 乃木希典夫人の生涯』で第48回文藝春秋読者賞、2003年菊池寛賞、2011年『天上紅蓮』で第72回文藝春秋読者賞をそれぞれ受賞。ほか、2001年アイスランド隼勲章騎士章、2003年紫綬褒章を受章している。
その他代表作に、映画化されたベストセラー『失楽園』、『愛の流刑地』、そしてエッセイ集『鈍感力』などがある。

無影燈 (上) (角川文庫)のその他の作品

渡辺淳一の作品

ツイートする