無影燈 (下) (角川文庫)

著者 : 渡辺淳一
  • 角川書店 (1977年1月1日発売)
3.48
  • (6)
  • (11)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
  • 90人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041307090

無影燈 (下) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死をテーマにした小説です。

    “死”と向き合う主人公にいつの間にか魅き込まれます。
    無駄な感情を一切そぎ落し、淡々と生きる主人公。
    そんな状態だからこそ見せる、シンプルな優しさがかなり泣けます。

  • かなり昔の本なので言葉の使い方が古臭くて違和感があった。
    話の内容は微妙。

  • 著者の「作品」は、これと『花埋み』と、せいぜい『リラ冷えの街』までだと思っているので…。上下巻とも一気に読んだことを憶えている。読後感も余韻もたっぷり、と記憶しているのだが。

  • TBS ドラマ 真夜中のナイチンゲールの原作

全6件中 1 - 6件を表示

渡辺淳一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする