見知らぬ明日 (角川文庫 緑 308-4)

著者 :
  • KADOKAWA
3.80
  • (4)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041308042
#SF

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2012年3月7日読了。大連の日本語書店より無料で引き取った文庫本。文革の収束・自治区のデモに過敏な中国に不自然な軍事行動が発生。米ソはじめ国連加盟国は事態の解決に動こうとし、日本人記者山崎は取材のためソ連に向かうが・・・。著者は「明日をも知れぬ異常事態発生時、人間は/地球人は/世界各国はどう動くのか?どう動くべきなのか?」という問題意識を常に持ち、国際政治経済の生々しい動向に常に触れていた人なのだろう、実に緊迫感がありリアルなSF小説だ。「中国・ソ連・ネパールなどで発生」とされる小説内の事件に、どことなく危機意識を欠き他人事で接していた自分も終盤の展開には、「もし○○となったら?」という、自分の身に置き換えた想像力が欠如していたことを思い知らされる。確かに小松左京とはすごいSF作家だったのだなー

  • 既読本

  •  現在の中国がまだ中共と呼ばれていた頃。
    新彊ウィグル自治区で武力衝突が起きたという小さなニュースが発端だった。
    主人公の新聞記者はそこに大きな事件の匂いを嗅ぎつけ取材に向かうのだが、現地には予想もしない「敵」が待ち構えていた。

     主人公がいきなり妻以外の愛人と情事に耽るシーンで始まるのは刺激的であり、それとは無関係に世界規模の重大事件が進行しているという一種の「置いてけぼり」感がワクワクする。
    映画化したら面白そうなのにな。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1931年大阪市生まれ。京都大学文学部卒。61年「地には平和を」で第1回空想科学小説コンテスト努力賞。73年刊行の『日本沈没』が大ベストセラーとなり第27回日本推理作家協会賞を受賞。85年『首都消失』で第6回日本SF大賞受賞。2011年逝去。

「2022年 『小松左京“21世紀”セレクション2 闇の中の子供/ゴルディアスの結び目』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小松左京の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×