鏡の中の世界 (角川文庫 緑 308-18)

著者 :
  • KADOKAWA
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041308189

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代風刺…までいかない皮肉を利かせた短編集。酒のつまみの小鉢みたいで、軽い味わい。
    「たたり」はちょっとにやりとした後、ため息が出た。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1931年大阪生まれ。京都大学文学部卒。SFマガジン掲載の「易仙逃里記」で商業誌デビュー。以後「空中都市008」「復活の日」「アメリカの壁」など、鋭い視点で時代を予知的に描き出した作品を次々と発表し、今なお読み継がれるSFの名手。「日本沈没」は上下巻あわせ400万部を超え、社会現象を巻き起こした。星新一、筒井康隆と並び、日本のSF御三家と称される。

「2018年 『復活の日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鏡の中の世界 (角川文庫 緑 308-18)のその他の作品

小松左京の作品

ツイートする