言うたらなんやけど (角川文庫 緑 314-10)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041314104

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日頃多数の女性が世間に対して思っているだろうことを田辺聖子さんが代弁してくれています。ちょうど良い加減が分かっている大人が書いたエッセイとはこのようなものだと思います。性別問わず読んでほしい本です。後書きの日付が1973年だということに気づいて田辺聖子さんの視点の凄さと世の中の変わらない状態にびっくりします。

  • 時代が移り変わっても、人の行動や思考はそれほど変化しないらしい。そして新しいものについて嘆く知識人と呼ばれる人たちの論調も不変のようだ。
    女性論を語るその切り口は、時代に即して古いけれど、所詮男が求めるものは古き良き男性優位社会で、女が求めるものはその瓦解。
    作者が女性の立場から主張していることは、今の女性が言っていることと同じだ。
    論客たちと作者に、今の社会を語らせてみたいものだ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

田辺聖子

一九二八年、大阪生まれ。樟蔭女専国文科卒。六三年、『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)』で芥川賞を受賞、八八年、『花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女』で女流文学賞、九三年、『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞、九四年、菊池寛賞を受賞。九八年、『道頓堀の雨に別れて以来なり』で泉鏡花文学賞と読売文学賞を受賞。二〇〇八年、文化勲章受章。大阪弁で軽妙に綴る現代小説の他に、古典文学の紹介、評伝小説など、著書多数。一九年六月死去。

「2020年 『大阪弁おもしろ草子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田辺聖子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×