鬼の女房 (角川文庫 緑 314-12)

著者 :
  • KADOKAWA
3.58
  • (4)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 24
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041314128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 田辺聖子の百人一首という本の中に同書の名前が出てきて気になったので読んでみた。小説かなと思って買ったけど小説ではない、、解説本みたいな感じ。

    古典作品中の鬼にまつわる話。今昔物語からの引用が多い。
    鬼に纏わり付かれる人の話や芸術に通じてる鬼、恋焦がれて鬼になる人…恐ろしさもあるが、それぞれ人間味もある。

    昔(平安時代や鎌倉時代など)はあやかしや鬼がいると当たり前に信じられてきて、現代ではなかなか鬼がいる、とは信じられていない。
    だが本当は、鬼というものは人間の心に潜むものであって、誰しも鬼になり得るし、現代でも自分でも起こり得るのだなと感じました。(シャーマンキングという漫画で、アンナが鬼を生み出していたのを思い出した)

    「水に溶ける鬼」という小野篁の話が一番好き。
    亡くなって幽霊になった妹をいつまでも愛し続ける篁…素敵でした。

  • 「水に溶ける鬼」(「篁物語」)のみ読了。

  • 鬼にまつわる話の数々で、読みやすく、面白い本。
    禁断萌えなワタクシとしては、表題になった話が好き。『小野篁』の若き頃の悲恋。
    しかし、この本は手に入り辛いか・・・

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

田辺聖子

一九二八年、大阪生まれ。樟蔭女専国文科卒。六三年、『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)』で芥川賞を受賞、八八年、『花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女』で女流文学賞、九三年、『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞、九四年、菊池寛賞を受賞。九八年、『道頓堀の雨に別れて以来なり』で泉鏡花文学賞と読売文学賞を受賞。二〇〇八年、文化勲章受章。大阪弁で軽妙に綴る現代小説の他に、古典文学の紹介、評伝小説など、著書多数。一九年六月死去。

「2020年 『大阪弁おもしろ草子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田辺聖子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×