今昔まんだら (角川文庫)

著者 : 田辺聖子
制作 : 岡田 嘉夫 
  • 角川書店 (1997年7月発売)
4.22
  • (5)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 20人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041314289

今昔まんだら (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 岡田嘉夫氏のイラスト目当て。先に刊行された『うたかた絵双紙』の文庫版。『今昔物語』や『宇治拾遺物語』他から18篇。ページ数の約半分がイラストになっていて、細かく書き込まれた絵は見ごたえありました。「相撲女房」では死んだ先妻の亡霊が最初は鹿子絞りの小袖姿なのに、幽鬼の本性を表すと、鱗文様の装束になっていたりして芸が細かいです。「兔はことにやさしとて」が泣ける。おじいさんに食べ物を獲ってこれない兔が自分の身を捧げようと火に飛び込んでしまう。白菊の精と姫が恋仲になる「白菊の契り」はロマンチック。

全1件中 1 - 1件を表示

今昔まんだら (角川文庫)のその他の作品

今昔まんだら (角川文庫) Kindle版 今昔まんだら (角川文庫) 田辺聖子

田辺聖子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

今昔まんだら (角川文庫)はこんな本です

ツイートする