光源氏ものがたり 下 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.13
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041314371

作品紹介・あらすじ

源氏亡きあと、主人公は二人の美しい貴公子、薫と匂宮にひき継がれた。源氏の「息子」であるもの静かな薫。孫にあたる奔放な匂宮。彼らは、恋のアプローチも全く違うのだが、結果的に同じ女性を愛してしまう。二人の愛を受けた美少女浮舟は、悩み続けて宇治川に身を投げようとする-。華麗な王朝絵巻をイキイキと話し言葉で繙く「田辺源氏」の最終巻。「匂兵部卿」「紅梅」「竹河」「宇治十帖」を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 紫の上も源氏も亡くなってしまい薫と匂宮、八の宮の姫君たちの世代に移りかわる後半。女人は本当に生きづらい時代だったのだなと、読みながらしみじみと思いました。匂宮が姫への恋文に恋情を書き綴るところの田辺さんの言い回し<そめそめと>が、妙に心に残りました。他の人の源氏物語もいつか読んでみたいなと思いました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

田辺聖子

一九二八年、大阪生まれ。樟蔭女専国文科卒。六三年、『感傷旅行(センチメンタル・ジャーニイ)』で芥川賞を受賞、八八年、『花衣ぬぐやまつわる……わが愛の杉田久女』で女流文学賞、九三年、『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞、九四年、菊池寛賞を受賞。九八年、『道頓堀の雨に別れて以来なり』で泉鏡花文学賞と読売文学賞を受賞。二〇〇八年、文化勲章受章。大阪弁で軽妙に綴る現代小説の他に、古典文学の紹介、評伝小説など、著書多数。一九年六月死去。

「2020年 『大阪弁おもしろ草子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田辺聖子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×