誰か故郷を想はざる―自叙伝らしくなく (角川文庫 緑 315-4)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (3)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041315040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悲しすぎず、美しすぎず、詩的で私的でない。みたいな。かなり品を欠いた表現もあるし。それが面白いんだけど。

    触ってみるまでわからないものですね。
    僕が寺山修二を読むときは、「無頼漢」な気分になりたいときです。

  • 再読。時どき寺山修司を読みたくなる。「書を捨てよ、〜」も読もうかな。

  • 県民としてものすごいシンパシーを感じたのだ!

  • 寺山作品は、コレしか読んでない。コレ以降読んでみたいと思わなかったのかも。

全4件中 1 - 4件を表示

寺山修司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

誰か故郷を想はざる―自叙伝らしくなく (角川文庫 緑 315-4)はこんな本です

ツイートする