スポーツ版裏町人生 改版 (角川文庫 て 1-17)

著者 :
  • KADOKAWA
3.38
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041315200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【346】

  • 引退後生活保護を受けてる力士とか、聾唖で競馬のノミ屋をやっている人とか、競馬狂いとか、そういう感じの話をテーマにしたエッセイ。

    一通りエピソードが語られて、最後辺りに引用される詩が味わい深い。

    生まれた時が悪いのか
    それとも俺が悪いのか
    何もしないで生きてゆくなら
    それはやさしい ことだけど (昭和ブルース)

  • 独特のリズムの文体。惹き込まれるのは、スポーツ選手の光と影のコントラストが美しいからなのだろうか。
    スポーツマンの平均年収は一部の例外を除き、サラリーマンに勝てないという研究報告があった。
    平均年収の計算に意味がないとしても、ある意味で博打的な要素を持つスポーツ界で生きていくには大変なことも多い。

    人の不幸を肴にして本を読むとゆうのはあまり気持ちの良いものではないが、寺山修司の独特のタッチの文章がどこか悲劇を喜劇に変換している。

  • 寺山修司の文は味が有ると思いました。袴田さんの事も書いて有りました。

  • スポーツ版、といっても競馬や競艇が多く、たまにボクシングや野球が
    出てくるが、うらさびれたバーや一杯飲み屋で立ち飲みながら
    一時期は脚光を浴びたスポーツ選手の、主に転落の後世を語る形式。
    指が三本しかなかった投手や、一家惨殺した疑いをかけられた
    ボクシング選手など、寺山の好きな世界なのはよくわかるが
    いかんせん「人に読ませる用」に書かれていない点が残念。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

寺山修司(てらやま・しゅうじ):1935年、青森県生まれ。54年「チェホフ祭」で短歌研究新人賞特選を受賞、脚光を浴びる。早稲田大学教育学部在学中にネフローゼを発病、4年間の療養生活を送ったのちに劇団、演劇実験室「天井棧敷」結成。劇作家・演出家として活動するかたわら、映画監督、詩、小説、批評、歌謡、競馬評論など、国内外で様々な分野の才能を発揮した。83年5月、旺盛な仕事のさなかに逝去。

「2023年 『さみしいときは青青青青青青青』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺山修司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×