家出のすすめ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.53
  • (74)
  • (95)
  • (250)
  • (10)
  • (2)
  • 本棚登録 :1107
  • レビュー :100
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041315231

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「書を捨てよ、町へ出よう」(1971) の映画作品を観て度肝を抜かれたのもはや数年前。その書籍版も読んだはず…だったがその後彼の残した活字を追う作業は進まぬまま、そんななか随分と間を開けて本書が手の中に。

    どうして今かの理由は読後にははっきりしなかった。内容も10代に向けて書かれているわけで、ある意味の家出、いうなれば「国出」まで決行してしまった自分としては時期相当遅とででも呼ぶべきか、多くの言葉が今となってはもう響かない。それもそのはず、書いている寺山自身も当時20代の後半だったとのこと。いろんな意味でタイミングに難ありな…。

    しかーし。その数週間後にタネ明かしが。居酒屋のカウンターで常連のお客さんに話しかけられる。

    「どう?今度の寺山は行くの?」

    その人は自分が映画好きであることを十分承知で話しかけてくれたのだが当の自分は「?」状態。仕事が忙しいという言い訳でもってアンテナが錆びつきかけていたところ、他の方の助けを受けてかろうじて引っかかった。国立フィルムセンターが最近修復が完了したばっかりのNew Printを多数引っさげ、まずNew Yorkからという感じで凱旋してきてくれたのだ。

    つまりはタイミングは抜群だったということ。

    巻末には彼の年譜がついていた。今一度読み返して残りの上映に臨むとしよう。

  • P.63-
    「東京へ行こうよ、行けば行ったで何とかなるさ」――そう、本当に「行けば行ったで何とかなる」ものなのです。

  • 自由で明朗な論の展開が面白かった。

  • 寺山修二のメッセージはいつも明確だなぁ。「社会に規定/去勢された人生で満足?」社会の最小単位である家族からの解放である家出をはじめ、時代によって“犯罪”の定義が変わることを逆手にとって面白可笑しく悪徳を説き、暗いイメージの反俗を明るく語る。そして最後はうまくまとめて精神的に意味で自立したまえ、ということに帰結していく。書いていることが極端なだけに、逆に読み手は自分の中の規範と向き合うことができますが、言葉が巧みでその気にさせる要素を十分に孕んでいるので素直すぎる人にはお勧めしない((+_+))カリスマ。

  • 「書を捨てよ、町へ出よう」―若者の未来の自由は、親を切り捨て、古い家族関係を崩すことから始まる―。愛情過多の父母、精神的に乳離れできない子どもにとって、ほんとうに必要なことは何なのか?「家出のすすめ」「悪徳のすすめ」「反俗のすすめ」「自立のすすめ」と4章にわたって、現代の矛盾を鋭く告発する寺山流青春論。

  • 自分が思っていつつも、なかなか口に出せずにいた事なんかがたくさん書かれてて驚いた。

    「東京へ行こうよ。行けば行ったで何とかなるさ」63p

    うん、自分もそう思う。

  • かもめカバーで所持。
    一番衝撃を受けたのは、悪口の捉え方。

  • 物事には必ず表裏があり、その裏側の方を半ば真面目に考える書、ですかね?
    少々古い本であり、その時代の風俗を理解出来なければ厳しい部分もあるが、それ以前に作者が本気で書いているのかユーモアで書いているのか判別できない時もありなんだか散漫としています。
    多くの書物から引用されており大変な読書家だったのではと思いつつ、破天荒な考えにしばしば置いてけぼりを食らってしまいました。
    個人的には作者の好きなJAZZへのこだわりを読んでみたいですね。

  • とても面白かった。

    『家』とのつながりについての章に『サザエさんの性生活』の掘り下げをぶっこんでくる辺りのセンスがなんとも素晴らしい。

    この作品が出版されたのが今から40年以上前ということが信じられない。

    時代は変わっても根本は変わらないということか。

  • この本を読んで、私は居心地の良い実家を出て、彼女と同棲することを決心しました。

全100件中 1 - 10件を表示

家出のすすめ (角川文庫)のその他の作品

家出のすすめ (角川文庫) Kindle版 家出のすすめ (角川文庫) 寺山修司

寺山修司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
谷崎 潤一郎
梶井 基次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

家出のすすめ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする