幸福論 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.32
  • (26)
  • (62)
  • (151)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 928
感想 : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041315262

作品紹介・あらすじ

裏町に住む、虐げられし人々に幸福を語る資格はないのか? 古今東西の幸福論に鋭いメスを入れ、イマジネーションを駆使して考察。既成の退屈な幸福論をくつがえす、ユニークで新しい寺山的幸福論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • “性”を扱ってる章がとても好きだった。性行為における「イク」という言葉の意味の面白さ(距離、何処に行くのか?)風俗嬢が口にする「遊んでいかない?」というセリフ(愛していかない?ではない)
     自慰行為の想像力(僕は自慰って言葉が好き、自分を自分自身で慰めるって素敵じゃない、性的にだとしても)
     二人でいる幸福を一人の幸福とすり替える愚かしさ、(それも人間的だと夏目は思うけど)
    性的にコンプレックスがある自分は読んでて楽しかった。

  • 「私たちの時代に失われてしまっているのは、
    幸福ではなくて幸福論である。」

    哲学といっしょで、幸福そのものよりも(そんなものはきっとない)、どうすれば幸福か、なにが幸福かを考えて行動することのほうが大切、だと思う。


    ・書物の歴史性を、現在化していくおは、読者の肉体である。
    →どういう肉体のコンディションで本を読むか。

    ・スクリーンがあれば、人は何度でも死に、何度でも生きられる。

    ・変装の役割。差別の克服。
    自分を解放する日常的な冒険。

    ・演技を生き方の方法にすることで、想像と現実の間の階級を取り除く。

    ・交際を広げたい人は、身近な人も他人とみなす疎外感。
    出会いに期待する心は、幸福を探す心。

    ・アトム畑井。自分がボクサーになって殴られる様子がテレビに映ることで、母に自分を探してもらえるという期待。

    ・売春婦は、「遊んでいかない?」とは言うが、「愛していかない?」とは言わない。
    ホイジンガ「愛が遊戯であり、性がまじめである」

    ・なぜ「いく」っていうんだろうか。
    なにかが逃げていくのか。

    ・オナニーはランプの魔人と似てる。

    ・「オナニーは、出会い。自分の中に同胞を見出す行為」寺山修司

    ・距離と歴史。
    100mを11秒で走るランナーにとっては、10000mは18分の歴史。
    走ることは、過去をたぐりよせること。

    ・歴史で大切なのは、伝承されるときに守られる真実の内容。どうつくりかえ、再構築していったか。そこにどういう意図があったか。

    ・寺山修司の劇団は、身の上相談。
    不幸な人が、不幸を演じればいい、という考え方。

  • 寺山修司の散文は少し読みにくいけれど、

    怖くなったり嫌になったり
    気持ちまで影響されてしまいます。

    同じ言語でニュアンスを理解できることに
    彼と同じ日本人でよかったと思うくらい
    著者は偉くすごい人だなあと感じます。

  • 池袋の梟書房で、題名や装丁を隠した状態で入手。

  • 寺山修司氏の1969年の著作を、1973年に文庫化したもの。
    『幸福論』というタイトル、小難しい表現で彩られた文章で、評論を読んでいるような気分にはなりますが、寺山修司氏らしい言葉遊びが随所に飛び出す、評論風な詩集ともいえます。
    幸福を感じるためには、こうしなさい、と、一応は教えてくれていますが、寺山修司氏がどんなことをしている時に幸福を感じるのか、というエッセイ集でもありますね。

    どちらにしろ、自分にとって本書は気楽に読めるような内容ではなく、気力と体力が必要とされる読書になりました。

  • 幸福論は、より人間的な自由への止揚である❗(^o^)/

  •  天才とバカは紙一重。いや、論理的な文章展開を予想すると、論理のところに見られ、結論が理解しきれない。作者が演劇作家であり、文系脳の持ち主であるということに起因する気がしてならない。本当に言わんとすることろ理解するためには、3倍くらい時間と反芻が必要になるため、結局何がいいたいか、ほとんどわからないまま読み終えてしまった。

  • 幸福とはこれこれ、こういうものだということを述べる書物ではない(そもそも筆者は書物から幸福論は学べないと言う立場を取っているし、「幸福論」という理論があり、それを実践するという、理論ー実践の二項対立を嫌っている)。筆者が幸福論という語から連想する事柄を次々にテーマ別に書き連ねていっているという印象だ。想像力をもって、ふんだんに自分自身を表現してゆけということが言いたかったのかな、と解説を読んだ後に思った。

    _________________
    目次:
    マッチ箱の中のロビンクルーソー
    肉体
    演技
    出会い

    偶然
    歴史
    おさらばの周辺部
    _________________

    (なぜ出会いは偶然の項目に含まれなかったのか疑問だ)

  • 日本文学ですね。 #日本文学 #幸福論

  • 説得力のある冗談と共に、想像力をもって生きぬく知恵を教えてくれた。

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1936年青森県生まれ。83年、敗血症により逝去。早稲田大学中退後、歌人、詩人、小説家、劇作家、劇団「天井桟敷」主宰者など、独創的な発想でマルチな才能を発揮。「書を捨てよ、町へ出よう」など著書多数。

「2021年 『花嫁化鳥』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺山修司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
ほし よりこ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×