幸福論 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.36
  • (26)
  • (59)
  • (145)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 775
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041315262

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「私たちの時代に失われてしまっているのは、
    幸福ではなくて幸福論である。」

    哲学といっしょで、幸福そのものよりも(そんなものはきっとない)、どうすれば幸福か、なにが幸福かを考えて行動することのほうが大切、だと思う。


    ・書物の歴史性を、現在化していくおは、読者の肉体である。
    →どういう肉体のコンディションで本を読むか。

    ・スクリーンがあれば、人は何度でも死に、何度でも生きられる。

    ・変装の役割。差別の克服。
    自分を解放する日常的な冒険。

    ・演技を生き方の方法にすることで、想像と現実の間の階級を取り除く。

    ・交際を広げたい人は、身近な人も他人とみなす疎外感。
    出会いに期待する心は、幸福を探す心。

    ・アトム畑井。自分がボクサーになって殴られる様子がテレビに映ることで、母に自分を探してもらえるという期待。

    ・売春婦は、「遊んでいかない?」とは言うが、「愛していかない?」とは言わない。
    ホイジンガ「愛が遊戯であり、性がまじめである」

    ・なぜ「いく」っていうんだろうか。
    なにかが逃げていくのか。

    ・オナニーはランプの魔人と似てる。

    ・「オナニーは、出会い。自分の中に同胞を見出す行為」寺山修司

    ・距離と歴史。
    100mを11秒で走るランナーにとっては、10000mは18分の歴史。
    走ることは、過去をたぐりよせること。

    ・歴史で大切なのは、伝承されるときに守られる真実の内容。どうつくりかえ、再構築していったか。そこにどういう意図があったか。

    ・寺山修司の劇団は、身の上相談。
    不幸な人が、不幸を演じればいい、という考え方。

  • 寺山修司の散文は少し読みにくいけれど、

    怖くなったり嫌になったり
    気持ちまで影響されてしまいます。

    同じ言語でニュアンスを理解できることに
    彼と同じ日本人でよかったと思うくらい
    著者は偉くすごい人だなあと感じます。

  •  天才とバカは紙一重。いや、論理的な文章展開を予想すると、論理のところに見られ、結論が理解しきれない。作者が演劇作家であり、文系脳の持ち主であるということに起因する気がしてならない。本当に言わんとすることろ理解するためには、3倍くらい時間と反芻が必要になるため、結局何がいいたいか、ほとんどわからないまま読み終えてしまった。

  • どう生きたらこう成れる

  • 幸福とはこれこれ、こういうものだということを述べる書物ではない(そもそも筆者は書物から幸福論は学べないと言う立場を取っているし、「幸福論」という理論があり、それを実践するという、理論ー実践の二項対立を嫌っている)。筆者が幸福論という語から連想する事柄を次々にテーマ別に書き連ねていっているという印象だ。想像力をもって、ふんだんに自分自身を表現してゆけということが言いたかったのかな、と解説を読んだ後に思った。

    _________________
    目次:
    マッチ箱の中のロビンクルーソー
    肉体
    演技
    出会い

    偶然
    歴史
    おさらばの周辺部
    _________________

    (なぜ出会いは偶然の項目に含まれなかったのか疑問だ)

  • 日本文学ですね。 #日本文学 #幸福論

  • 説得力のある冗談と共に、想像力をもって生きぬく知恵を教えてくれた。

  • 初の寺山修司。カドフェスより。
    『書を捨てよ、町へ出よう』を、先に読んでおくべきだったかな、と感じている。

    「幸福論」の不在から唱えられる『幸福論』。
    有名なアランのものなどは、けちょんけちょんにのされてしまう。
    なぜなら、書物の中でのみ生を与えられた論に学ぶことなどないから(と言いたいのだと思う)。

    書物とはモノローグである。一方向的に説かれる幸福とは、いかなるものか。
    そこで寺山修司は、身体性•双方向性を持つことに意味を見出す。とはいえ、それを説くためにはやはり書物という媒体を通すしかない不自由さに苦さを感じてもいるのだが。

    「想像力も、交換可能の魂のキャッチボールになり得たときには、「幸福論」の約束事になり得るのである。」

    「山椒魚人間にとって、変装は想像力の超克になり、生き方の選択につながるように思われる。」

    「陽が昇ったり沈んだりすることは、必然であり、それ自体に少年たちのギターの神話の力が及ぼすものは何もないだろう。だが、それでもギターを弾かねば偶然と「幸福論」とのあいだをつなぐ、時の架橋工事などはじまらないのである。」

    「幸福は決して一つの「状態」ではないのだと知ったとき「幸福になってしまったあと」などということばは失くなるはずである。」

    自己否定ではなく自己肯定に繋げるように歩み続ける寺山修司の後ろ姿くらいは、見つめられたように思う。

  • 平成の幸福論。

  • 解説を読んでそういう本だったのかとなった。
    「○○論」という作品だからなのか、どうも否定的な言い方が多すぎてつまりどういうことだと読み取るのが大変。

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作詩:歌人・詩人。

「2018年 『混声合唱(または重唱)とピアノのための ヒスイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幸福論 (角川文庫)のその他の作品

幸福論 (角川文庫) Kindle版 幸福論 (角川文庫) 寺山修司

寺山修司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

幸福論 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする