寺山修司少女詩集 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.92
  • (273)
  • (135)
  • (296)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 2100
感想 : 196
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041315279

作品紹介・あらすじ

少女の心と瞳がとらえた愛のイメージを、詩人・寺山修司が豊かな感性と華麗なレトリックで織りなすオリジナル詩集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 途中です。

    こわい。不気味。
    おもってたのと、、、違うんたけど。

    思ってたのは、ふわふわのお砂糖のような可愛さやせつなく甘酸っぱい青春のヒトコマ。
    男性が少女に抱く幻想をとことんなりきって自由に描いた女の子らしい女の子。

    トイレに行くたび少しずつ読んでいる。

    短時間だけど一瞬でこの世界に飛び立てる、というか、飛び込んでしまう。

    短い言葉だけど、頭の中にイメージが鮮明に湧く。

    すごい。

    でも、こわい。不気味。残酷。

    何か心を動かされることもなくはっとすることもなく、全ては完全なるフィクションで世界に浸るためだけのもののように感じる。

    実益がない感じが私にはするのだが、それこそが、文学性なのか。

    よく分からないけれど、まだ何かに期待しながら、違う本と取り替えることもなくトイレに行くたび、読み続ける。

  • 私たちが不可能だと思ってることが、詩の世界では可能になるんだなぁと思った。自由を感じることができた。

  • 1回読んだだけでは、恐らくその良さを深く理解できていないと思う。何回も読み返して、たった1つでも自分の心にスッと落ちてくるような詩があればそれでも十分なのではないか。

  • 「海」 の章が好きすぎる。「海を知らぬ少女の前に……」の1句は中学の教科書に載っていて、当時衝撃だった。その句が入ってるならと思ってこの本を買ったけれど、詩の一つ一つに対し、この句に出会った時みたいにドキドキした。晴れた海岸沿いの草原で海をぼーっと見ていると、変にドキドキしてしまって家に帰っても海のことを考えてたりする、その感覚を彼の言葉で体が思い出した。何度も読み返しています。

  • 中学生の頃から何度も何度も開いてる。海や涙など水に関する詩は寺山修司が1番。

  • 以前読んだ時よりも刺さる
    わたしの人生が無駄ではない証拠

  • これもまた読み応えのある詩集でした。
    寺山修司って方は、すごい才能の持ち主だったってことが
    たった一冊のこの詩集で、誰にでも難なくわかるのです。

    難しい言葉はありません。

    誰もが奥底に潜ませる匣に持っているような
    さみしさや悲しみ。
    追っても戻らぬ大事にしていたなにか。
    今、夜の隅から捧げたくなるような愛の言葉とか

    冬の海と空の風景とか

    巴里のあやしげな裏町やサーカスや
    良くできた機械人形に眩惑されるような
    取り返しのつかない酩酊感があるだけです。

    おそらく私もあなたも、よく見知っているはずです。
    扉を開けて、無垢で凶暴で、切なかった頃に
    出会いにいらしてください。

    お勧めです。

  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/

  • 寺山修司は詩、短歌ともに瑞々しく、抒情性に富むものだ。「時には母のない子のように」は歌がヒットしたとき母を失ったので心に沁みる。

全196件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1936年青森県生まれ。83年、敗血症により逝去。早稲田大学中退後、歌人、詩人、小説家、劇作家、劇団「天井桟敷」主宰者など、独創的な発想でマルチな才能を発揮。「書を捨てよ、町へ出よう」など著書多数。

「2021年 『花嫁化鳥』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺山修司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×