青女論―さかさま恋愛講座 (角川文庫)

著者 : 寺山修司
  • 角川書店 (2005年2月1日発売)
3.55
  • (40)
  • (35)
  • (110)
  • (5)
  • (2)
  • 本棚登録 :416
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041315286

青女論―さかさま恋愛講座 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1981年の著作物であるけれども、当時生まれてすらいない私が読んでも充分に先進的な内容だった。マザーグースが頻繁に引用されているのが面白い。
    寺山修司の著作全般に言えることだが、没頭して自分の人生について考えさせてくれる作品は少ないと思う。読んでいてどこか心が躍ります。

  • 寺山修司の青女論自体にも膝を打ったし、「旅は猫、想像力はねずみ」という言いまわしに感動した。誰がどこに旅へ出たとしても、その人の想像力を上回る風景なんて得られないよな。

  • ”家は建築物ではない。2人にとっての思想です”
    ”まだまだ、世間体や近所の噂、古い因習や道徳律、そして損得と安全に捉われて何もできないでいる若者たちが、その抑圧と不満を、映画のスクリーンの中の代理人たちに晴らして貰っている現実がおおすぎます。代理人からの独立を宣言し、時にはささやかな「独立戦争」ぐらいを覚悟して、自由な女になるべきだと思うのです”
    ”命短し、恋せよ乙女”

  • ずっと感じていた性別における生きにくさの原因が判った気がする。読んでいて、そう、それだ。そうなんだ。と、ページをめくるスピードがどんどんあがった。自分が迷ったときに何度も読み返したい。

  • 青女は寺山の造語で、青春期にある女性向けのエッセイ、といったくらいの意味。全体のトーンは軽いのだが、その根っこにあるのは、寺山のアナーキーなまでのリベラリズムだ。彼は、徹底して既成のモラルや権威を信用しないのだ。それはもう見事なまでに。その意味で本書は、詩人や歌人としての寺山よりは演劇人の寺山色が濃厚に出ているだろう。「女らしさ、などは存在しないのです」、「愛情は、虚構です」などアフォリズム風の裁断の仕方も小気味よい。また、未来世界ではブタに人間の臓器を造らせるなど、見通しも確かなことを証明している。

  • 寺山 修司「青女論―さかさま恋愛講座」読了!久しぶりに寺山!やっぱり大好きだー!青女論をテーマとしつつ、社会と個人の関係性をユーモアを持って語っている本に見えた!本の批評は笑ったし、岸田秀との対談も良かった!文章のリズムも良いし、語り口のセンスはやっぱり僕の憧れ…!!

  • 初読時に引いた線の部分、やはり変わらず首肯。81年の版であり、やや古い本だけれど、おとこや社会の目から見る「女の子」像からはなれた健全な青年女子のすがた、かくあるべし、というかんじ。
    しかし女性の自立云々、といくらいっても、こころの自立生き方の自立のためには、おかねとしごとの自立が大前提なのじゃないかしらん。
    この本では生き方のことについて多くのページが割かれ、その土台になるべきおかねと仕事については論がうすいと感じた。
    いまは、女性の仕事は格段に増えたしずっと働きやすい社会になったから。いまこそ、女性のお金の稼ぎ方と仕事の続け方について考えるべき。

  • 読む度に、私を自由にしてくれる。
    私はこの人が好きです。

  • 結婚して恋が出来なくなるなら、恋愛し始める時期を15歳としても8年くらい、そのうち3分の1は睡眠時間、つまり本気で恋ができる時間は2,3年しかない。。
    このひとすごいってば。

  • いつもながら、過激だな、と思う。
    寺山は多聞であったし、それを論理的に、ひっくり返して考えることの出来た人だったのだろう。自分の、他人とは違う考えをこうして世の中に出していくことに余念が無かった。反論をつき返す術も持っていた。

    先を読むことに長けた男でもあった。現代において彼の著作を読むとき、全部とは言えずもその未来観測は間違っているとは言い難い。

    幸福を探そうとする努力をしない女は、すなわち不幸である。女を不幸にしているのは、女自身である。

    そうかもしれない。

    (20110828)

全39件中 1 - 10件を表示

青女論―さかさま恋愛講座 (角川文庫)のその他の作品

寺山修司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
安部 公房
フランツ・カフカ
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

青女論―さかさま恋愛講座 (角川文庫)に関連する談話室の質問

青女論―さかさま恋愛講座 (角川文庫)はこんな本です

青女論―さかさま恋愛講座 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする