さよならどんべえ (角川文庫 緑 319-11)

著者 :
  • KADOKAWA
3.54
  • (2)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041319116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 泣けましたわ。

  • どんべえが助けてくれようとした。どんべえが死ぬことで教えてくれた−そう信ずるのですよ。いいとか悪いとか、本当だとかうそだとかそんなこと−この際どうでもいいじゃありませんか。あなたは北海道にきて、充分にやりました。痛々しいほど頑張りました。だったら運に何もかも任せて、どんべえが死んだのも運。それでいいと思います。


    いいも悪いも、本当もうそも 何もなく自分の信ずることが具現化し、光があたり道ができる。そうおもった。

  • £0.50

  • 畑正憲氏のことをここ10年くらい?のTVでの”動物ばかのおっさん”ムツゴロウとしてしか知らない人で、なおかつ動物好きを自認する方は、是非とも読んで下さい!一人の人間と動物の間にこんなに深くて純な関係が築き上げられる過程を描いた作品は他に読んだことがない。作家・畑正憲、渾身の一作です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

畑正憲(はた・まさのり)1935年福岡県生まれ。作家。動物研究家。

「2015年 『戦後70年 わたしの戦争体験』 で使われていた紹介文から引用しています。」

畑正憲の作品

ツイートする