戦国と幕末―乱世の男たち (角川文庫 い 8-17)

著者 :
  • KADOKAWA
3.32
  • (3)
  • (2)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041323175

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「万世一系の天皇:これは、日本の国を切り拓き、これを治めた最初の覇者・天皇家をどこまでも存続させて行こうというスローガン」

    「日本人は、(中略)『持続の美徳』を備えている存在・・それを強く望んでいたものと思われる。(中略)しかも、それは宗教などのような無形のものではなく、現実に目で見え、耳でとらえることのできる存在がほしかったのだ」

    天皇家に対するユニークな考えが示されている。

    その他、家康や忠臣蔵、新選組などに対する著者の考えが示されている。

  • 戦国と忠臣蔵、そして幕末の人物について語られたエッセイ。池波先生は新八がお好きなようで。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1923年東京浅草生まれ。60年「錯乱」で直木賞受賞。77年「鬼兵犯科帳」「剣客商売」「仕掛人藤枝梅安」の三シリーズで吉川英治文学賞を受賞した。90年没。

「2017年 『西郷隆盛 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

ツイートする