闇の狩人(上) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.57
  • (5)
  • (9)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 78
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041323212

作品紹介・あらすじ

盗賊の小頭・弥平次は、記憶喪失の浪人・谷川弥太郎を刺客から救う。時は過ぎ、江戸で弥太郎と再会した弥平次は、彼の身を案じ、失った過去を探ろうとする。しかし、二人にはさらなる刺客の魔の手が……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 男女ともに似たような名前、似たようなヤバい仕事、
    ・・・なもんで人物が頭のなかで途中グチャグチャになってしまいましてな(笑)
    はい、下巻が楽しみでございますよ、では、さっそく、行ってまいりましょうかね……

  • 全2巻。
    時代小説。

    おお。
    いい。

    記憶喪失になってしまった訳あり武士と、
    彼を親身になって助けるいわゆる闇社会の住人達。
    記憶喪失の侍ってのも、
    あったかい人情をよせるのが悪とされている人々なのも
    すごく面白い設定。

    またこの記憶喪失の侍がいい。
    素直で、頼りなげで、読んでるこっちも
    思わずああってなる。

    クライマックスはこっちに来たかって感じ。
    グアッとしてチャンバラな盛り上がりではないけど、
    これはこれでいい。
    エピローグもぐっとくる。

    ちょっといい映画を見た気分になった。

  •  人の縁と矛盾の面白さを鋭く描いた作品。
     悪人が善人となり、他人のために働いていく。

  • 弥平次さんの(名づけ)親心っぷりと
    弥太郎さんの信頼っぷりが
    いいなァと思う。

    うまく皆で暮らせたらいいのになァ。
    どうなるのかしら。

  • 記憶を失った主人公と、それを取り巻く盗賊の頭と仕掛けの元締め。3人の其々の社会が絡み合いながら話が展開。

  • 初めから、良い!!冒頭からすぐに引き込まれます。けっきょくはおせっかいな主人公の怪盗が巻き込まれたお家騒動にまではってする陰謀を暴く…のかな??と思ったけど、最後は皆幸せで、和やかな気持ちにさせてくれます。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

池波正太郎

大正十二年(一九二三)東京・浅草生まれ。小学校卒業後、株式仲買店に奉公し、昭和十九年、応召により横須賀海兵団に入隊する。戦後、下谷の保健所に勤務するかたわら劇作に励み、二十一年「雪晴れ」で読売新聞社の演劇文化賞に入選。二十三年、長谷川伸の門下に入り、新国劇のために数多くの脚本を発表する一方、時代小説を執筆し、三十五年「錯乱」で直木賞を受賞。その後、「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」のシリーズを生み出し、五十二年に吉川英治文学賞、六十三年に菊池寛賞を受賞する。映画や音楽、食に関するエッセイも多数。平成二年(一九九〇)五月死去。

「2021年 『食卓のつぶやき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×