夜の戦士 (上) 川中島の巻 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.75
  • (6)
  • (15)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041323250

作品紹介・あらすじ

塚原卜伝の指南を受けた青年忍者丸子笹之助は、武田信玄に仕官した。信玄暗殺の密命を受けていた。だが信玄の器量と人格に心服した笹之助は、信玄のために身命を賭そうと心に誓う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いわゆる抜け忍が主人公
    それを重用するというのは信玄だからこそ成せるわざか
    武田信玄という男を語る一冊だろう

  • 忍びの視点からの戦国絵巻。裏切り者忍びがほれた武田信玄。実際はどうなのかわからないですが、大きな人物だったんだろうなー。跡継ぎ武田勝頼。自分のイメージだと、ひ弱な感じだったけど、ただの粗暴なやつとして描かれていた。そうなのかな?色々な解釈がなり立つからね。

  • 忍者モノですね
    一時期この池波さんの忍者モノにハマりましたねー
    内容を忘れてるから また読み直したいと思います

  • 甲賀の頭領、山中俊房の命を受けて、信玄暗殺を行おうとした忍びが信玄の器量と人格に心服して、信玄のために身命をかけて働く話。

    物語の中心的核心をなしているのは信玄の軍事戦略だけど、主人公・丸子笹之助などの忍びの活躍ぶりもたっぷりと描かれていて忍びものとして楽しめる。また、彼が武田に潜入する方策として最初に入門するのが塚原卜伝であり、卜伝が主要人物として登場する点においてもなかなか面白い。

    池波さんは武田勝頼をだいぶマイナスに描いているように感じたけど(もしかしたら作品のためにそうしてるだけ?)、実際、勝頼はどういう人物だったのか、武田家滅亡の要因が気になる。
    伊東潤の『武田家滅亡』が読みたくなった。

  • 池波正太郎の世界はどうしてこうも、揺るがないのだろう?

    時代物とはいえども古さを感じて読めないものなんて、いくらでもある。
    セリフ回しなのか?表現なのか?人物なのか?

    人間臭いといえばあまりに人間臭い主人公。
    時代物故にすでに読めている結末。
    それなのにそれらがまるで無理なく積み上げられて、
    わかっているはずなのにそれでも主人公を応援している自分。

    骨太なのにどこか暖かく、読み応えのあるストーリー。
    長い話なのに一気に読めた。

    さ、下巻に進もう。

  • 2011/12/04完讀

  • 全2巻。
    池波先生忍者シリーズ。
    川中島の戦い〜信玄の死まで。

    シリーズの最初になるのかな。
    蝶の戦記の反対側。
    武田側のお話。

    後のシリーズの丹波大介を思わせる
    青年忍者が甲賀裏切って活躍って感じ。

    クライマックスがもう一声欲しかった。
    これはこれで良いけど。
    捨て子ギミックは個人的に少しやりすぎな感じ。

  • 忍びの孤闘。武田信玄の懐の大きさが素晴らしい。長編時代小説。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

池波正太郎

大正十二年(一九二三)東京・浅草生まれ。小学校卒業後、株式仲買店に奉公し、昭和十九年、応召により横須賀海兵団に入隊する。戦後、下谷の保健所に勤務するかたわら劇作に励み、二十一年「雪晴れ」で読売新聞社の演劇文化賞に入選。二十三年、長谷川伸の門下に入り、新国劇のために数多くの脚本を発表する一方、時代小説を執筆し、三十五年「錯乱」で直木賞を受賞。その後、「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」のシリーズを生み出し、五十二年に吉川英治文学賞、六十三年に菊池寛賞を受賞する。映画や音楽、食に関するエッセイも多数。平成二年(一九九〇)五月死去。

「2021年 『食卓のつぶやき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×