堀部安兵衛〈上〉 (角川文庫)

著者 :
制作 : 蓬田 やすひろ 
  • 角川書店
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041323281

作品紹介・あらすじ

越後、新発田五万石の城下の春。藩士の子息、十四歳の中山安兵衛は、路上で会った山伏に「剣の道に進めば短命」と宣告される。はたして、父の無念の切腹という凶事にみまわれ、安兵衛の運命は大きく変わる。父の死の謎を解くために藩を出奔し、江戸へ向かう途中、魔性の剣をふるう中津川祐見と宿命の出会いを果たすが、その後、女をめぐって対立することになる…。江戸、東海道、京都を舞台に安兵衛の青春の彷徨を描く長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 赤穂浪士の一人、堀部安兵衛の物語。剣士とはいえ、女性に翻弄される人間味がおもしろい。読んでいて、盗人宿や料理に池波正太郎が著者であることを改めて実感。13.11.9

  • 赤穂浪士ものを読んだことがなかったので剣豪観点から読んで見ることにした。
    安兵衛は剣の腕はありそうだけど、ついぞ上巻では勝つシーンを見られなんだ。逃げる場面も多いのだけど、読ませる池波先生、さすが。

  • 父から受けた何事にも『言い訳無用』の教えを守って生きてきた男の物語。
    その教えが良くも悪くも彼の人生を波乱に満ちたものにしていくように思え、上巻の終わり方がまた気になる終わり方なので下巻が直ぐに読みたくなる。
    多分、安兵衛の妻になるのかな?と思われる男装の剣士伊佐子が凛々しいけれど可愛らしくて『剣客商売』の三冬を思わせる。

全3件中 1 - 3件を表示

堀部安兵衛〈上〉 (角川文庫)のその他の作品

堀部安兵衛(上) (角川文庫) Kindle版 堀部安兵衛(上) (角川文庫) 池波正太郎

池波正太郎の作品

堀部安兵衛〈上〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする