堀部安兵衛〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.80
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041323281

作品紹介・あらすじ

越後、新発田五万石の城下の春。藩士の子息、十四歳の中山安兵衛は、路上で会った山伏に「剣の道に進めば短命」と宣告される。はたして、父の無念の切腹という凶事にみまわれ、安兵衛の運命は大きく変わる。父の死の謎を解くために藩を出奔し、江戸へ向かう途中、魔性の剣をふるう中津川祐見と宿命の出会いを果たすが、その後、女をめぐって対立することになる…。江戸、東海道、京都を舞台に安兵衛の青春の彷徨を描く長編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 赤穂浪士の一人、堀部安兵衛の物語。剣士とはいえ、女性に翻弄される人間味がおもしろい。読んでいて、盗人宿や料理に池波正太郎が著者であることを改めて実感。13.11.9

  • 赤穂浪士ものを読んだことがなかったので剣豪観点から読んで見ることにした。
    安兵衛は剣の腕はありそうだけど、ついぞ上巻では勝つシーンを見られなんだ。逃げる場面も多いのだけど、読ませる池波先生、さすが。

  • 父から受けた何事にも『言い訳無用』の教えを守って生きてきた男の物語。
    その教えが良くも悪くも彼の人生を波乱に満ちたものにしていくように思え、上巻の終わり方がまた気になる終わり方なので下巻が直ぐに読みたくなる。
    多分、安兵衛の妻になるのかな?と思われる男装の剣士伊佐子が凛々しいけれど可愛らしくて『剣客商売』の三冬を思わせる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

池波正太郎

大正十二年(一九二三)東京・浅草生まれ。小学校卒業後、株式仲買店に奉公し、昭和十九年、応召により横須賀海兵団に入隊する。戦後、下谷の保健所に勤務するかたわら劇作に励み、二十一年「雪晴れ」で読売新聞社の演劇文化賞に入選。二十三年、長谷川伸の門下に入り、新国劇のために数多くの脚本を発表する一方、時代小説を執筆し、三十五年「錯乱」で直木賞を受賞。その後、「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」のシリーズを生み出し、五十二年に吉川英治文学賞、六十三年に菊池寛賞を受賞する。映画や音楽、食に関するエッセイも多数。平成二年(一九九〇)五月死去。

「2021年 『食卓のつぶやき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×