人斬り半次郎 幕末編 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.67
  • (3)
  • (10)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041323380

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 池波正太郎著【人斬り半次郎 幕末編】読了。史実の何が正しいかわからないけど、池波正太郎の解釈は実に面白い。中村半次郎を通じて見る幕末や西郷隆盛像にはとても興味がそそられた。中村半次郎の人間的な魅力にも充分に伝わってくる。ちょっと違う幕末にふれたい人にはオススメの一冊。

  • 久々の歴史物。
    剣は一流、美丈夫で女性にもてる、中村半次郎です。
    唐芋と馬鹿にされる貧乏郷士からの成り上がりは痛快ですが持ち上げすぎの感も否めませんね。
    下巻に期待です。

  • 中村半次郎の華麗なる武士としての躍進
    維新前の話

  • 「今に見ちょれ。俺はこの腕一本できっと…」。半次郎の口ぐせだった。姓は中村、鹿児島城下の藩士に“唐芋”とさげすまれる貧亡郷土の出ながら剣は示現流の名手、精気溢れる美丈夫で、性剛直である。時は幕末、ふとした機縁で西郷吉之助に見込まれ、国事に奔走するが、卓抜の剣技は血なまぐさい暗殺を重ね、“人斬り”の異名は、次第に高まってゆく。激動する時代の中に一快男児の熱血の半生を描く、傑作小説の前編。

  • 中村半次郎、のちの桐野利秋の小説です。
    <幕末編>では彼が生まれてから第一次長州征伐までを収録しています。

    中村は身分の格差が激しい薩摩において、「唐芋侍」とののしられながらも力強く生きていき、だんだんと取り立てられて京に上るまでになります。何とか上にのし上がるんだという純粋なエネルギーに圧倒されながら読みました。

    京の尼に読み書きも教わり、中川宮の身辺警護も任され、配下を持つようになり、時勢にからむ中村。欲をかかずひたすら努力で這い上がって行く様子は、好感が持てました。

    時の流れの中で、どうやって薩摩が幕府側から新政府側に変化していったのかも読み解くことができ、幕末の動乱の本流に入る次巻も楽しみです。

  • 2009/07完讀

  • 幕末編と賊将編の二部構成。
    中村半次郎、後の桐野利秋の清々しいまでの西郷隆盛に対する敬愛が文章を通して良く分かる。
    彼の素晴らしく潔い生き方に引き込まれます。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1923年東京浅草生まれ。60年「錯乱」で直木賞受賞。77年「鬼兵犯科帳」「剣客商売」「仕掛人藤枝梅安」の三シリーズで吉川英治文学賞を受賞した。90年没。

人斬り半次郎 幕末編 (角川文庫)のその他の作品

池波正太郎の作品

ツイートする