成吉思汗の秘密 (角川文庫 緑 338-2)

著者 :
  • KADOKAWA
3.52
  • (5)
  • (6)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041338025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 45年ほど前に親友が高木彬光さんに凝っていて、影響されて読みました。面白かった記憶があり、読み直しましたが、残念ながら当時のようなドキドキはありませんでした。

  • 名探偵神津恭介が源義経=成吉思汗説に挑む歴史ミステリー。海外でいう時の娘タイプ。定説では否定されているもののロマンのある題材であることに変わりは無い。
    成吉思汗はともかく夏の盛りに運ばれた首は確かに陰謀のようにも思える。あの猜疑心に強い源頼朝が納得するからには残念ながら死んだと見るのが妥当なのかもしれない。

  • 自分には言葉や説明自体がややこしかったりしましたが、こういうのは好きです。 眉唾物なのかも知れませんが、源義経と成吉思汗の符合する事柄を知るのは読んでて楽しかった。でも、井村助教授が最終的に納得したポイントには『そこ?』って感じでした。最終章の説はアホな自分にはチンプンカンプンでした。 想像もつかなくて調べた作中の言葉:「マンマンデー」慢慢的。ゆっくりしたさま。 「マッカーサー年齢」精神年齢が12歳の事かなぁ?結局調べても分からんかった。 

  • この作品でベットディテクティブを知った

  • 神津恭介

    父から勧められて高木作品始球式。

  • 題材に興味無さ過ぎたのか退屈でした。

  • 成吉思汗(ジンギスカン)が出てくる辺りの日本と中国の歴史を少し知ってないと読み進めていくのにツライものがあります。知っていて尚かつ興味がある人には興味深い本かと思います。知らないし興味もない人は最後まで読めないかもしれません。

  • 安楽椅子探偵・歴史考察バージョン。秘密に絡んだ殺人事件が起きる、とかそういうパターンではなく、場面は病床のまま、推理が展開していく。この説自体は有名なもので、まぁ眉唾なのですが。この作品を読むと、「それもありかな」と思わせてくれます。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1920年9月25日、青森県生まれ。本名・誠一。京都帝国大学工学部冶金科卒業。48年、失業中に書いた「刺青殺人事件」が江戸川乱歩の推薦で出版され作家デビューし、「能面殺人事件」(49-50)で第3回探偵作家クラブ賞長編賞
を受賞する。79年に脳梗塞で倒れるが過酷なリハビリ生活を経て再起、「仮面よ、さらば」(88)や「神津恭介への挑戦」(91)などの長編を発表。作家生活の総決算として「最後の神津恭介」を構想していたが、執筆途中の1995年9月9日に入院先の病院で死去。

「2020年 『帽子蒐集狂事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高木彬光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×