破戒裁判 (角川文庫 緑 338-5)

著者 :
  • KADOKAWA
3.60
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041338056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この小説は、昭和36年初出、特筆すべきは何といっても日本初の試みとして、純粋な法廷推理小説であることでしょう。
    よって、全章を通して法廷が物語の舞台となっています。しかも、テーマは「破壊」ではなく「破戒」・・・。

    著者は、筆を執って書き上げるまで足かけ7年の間、素材として頭の中で発酵されていた、という。勿論、連日法廷に通い傍聴していた。

    本書て例示されている論点については、司法修習生が研修所の教官の指導の下に、議論をたたかわせるテーマの一つも含まれている。

    流石に切れ味は鋭い。弁護人・検察官による最終弁論は圧巻だった。残念ながら、本書は絶版に、古書でしか手に入りません。電子書籍ならありますけど、紙本は無いですね。

  • 「1974年、日本にはもうこんな凄い裁判小説があったんだ!」という衝撃と感動に酔いまくり。

  • 百谷泉一郎

    高木作品の中では一番好き

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1920年9月25日、青森県生まれ。本名・誠一。京都帝国大学工学部冶金科卒業。48年、失業中に書いた「刺青殺人事件」が江戸川乱歩の推薦で出版され作家デビューし、「能面殺人事件」(49-50)で第3回探偵作家クラブ賞長編賞
を受賞する。79年に脳梗塞で倒れるが過酷なリハビリ生活を経て再起、「仮面よ、さらば」(88)や「神津恭介への挑戦」(91)などの長編を発表。作家生活の総決算として「最後の神津恭介」を構想していたが、執筆途中の1995年9月9日に入院先の病院で死去。

「2020年 『帽子蒐集狂事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高木彬光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×