黄金の鍵 (角川文庫 緑 338-37)

著者 :
  • KADOKAWA
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041338377

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  島田荘司『占星術殺人事件』P160で高木彬光 『黄金の鍵』について述べている箇所がある。日本の中心線は東経百八十度四十八分なのだとか、幕末の混乱期に小栗上野介が首をはねられた場所で、徳川幕府の埋蔵金を埋められているならこのあたりが有力なのだそうだ。なにやら怪しげで魔術的なお話なのかと期待をした。

     全体を通じて全てが怪しげであることは確かだ。なによりも怪しげなのはしょっちゅう偶然が重なること、田舎ではあるまいに大都会でそんなに偶然、知人と出会うとも思えない。謎解きをする紳士にいたっては素性を明かさず最後まで謎のままである。辟易するのは、つねにどこかの喫茶店で人と落ち合うのだが、その設定って安易すぎないだろうか。単純に犯人探しの推理小説としては楽しめる。

  • 墨野

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1920年9月25日、青森県生まれ。本名・誠一。京都帝国大学工学部冶金科卒業。48年、失業中に書いた「刺青殺人事件」が江戸川乱歩の推薦で出版され作家デビューし、「能面殺人事件」(49-50)で第3回探偵作家クラブ賞長編賞
を受賞する。79年に脳梗塞で倒れるが過酷なリハビリ生活を経て再起、「仮面よ、さらば」(88)や「神津恭介への挑戦」(91)などの長編を発表。作家生活の総決算として「最後の神津恭介」を構想していたが、執筆途中の1995年9月9日に入院先の病院で死去。

「2020年 『帽子蒐集狂事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高木彬光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×