神曲地獄篇 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041338421

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 連合赤軍の、「山岳ベース事件」の小説化。連合赤軍関連だと、どうしてもあさま山荘に目が行ってしまいがちだけれど、その前に「内ゲバ」というものが何故起こったんだろうか?そこに目をつけたのは良かったと思うんだけど、いかんせん資料が数多くあり、良書も多数広まった現代からすると、「ここ作ったか?」と首を傾げてしまう点がどうしても・・・。取材してないとはいわないし、読み物として「狂気」はしっかり書けているとは思うが、現代人からするとどうしてもそこがひっかかる。作者が「チンギス・ハン=源義経」説を唱えた、ということでバイアスがかかっているのかもしれないけれど、現在では入手困難というのもむべなるかな。って感じ。

  • いつまでたってもうなされる(苦笑)

全2件中 1 - 2件を表示

高木彬光の作品

ツイートする