悪魔の嘲笑 (角川文庫 (5767))

著者 : 高木彬光
  • 角川書店 (1984年6月発売)
3.18
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041338643

悪魔の嘲笑 (角川文庫 (5767))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高木彬光の神津恭介シリーズの一作。

    トリックというトリックがあるわけではなく、とにかく「中身をくり抜いた錠剤に青酸カリを詰めたもの」で淡々と人が殺されていく。

    別に、飲む過程に目新しい物があるわけではなく、ヒロポン中毒者だから騙って飲ませるのはたやすいとかそんな感じの飲ませ方。

    並の感じで少しザンネン

  • 古き良きミステリって感じ。
    女性蔑視な発言やらで、んん?!、って思う箇所もチラホラあるけど、そういう時代だったのですね。
    捕まってた犯人の事情には感心した。

  • 神津恭介

  •  2009年4月5日初読

全5件中 1 - 5件を表示

高木彬光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔の嘲笑 (角川文庫 (5767))はこんな本です

ツイートする