伊賀忍法帖 (角川文庫 緑 356-3)

著者 :
  • KADOKAWA
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041356036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちょっと弾正の願いを受け入れるために
    使われるあるものの精製方法が
    かなり生々しいものになっています。
    その系統の表現が苦手な人にとって
    それが地獄に値するものかもしれません。

    作品としては
    その精製手段によって
    無残にも愛するものを奪われたいが忍者が
    それを行使した根来僧に復讐を果たすもの。
    7人の根来僧も強いですが
    伊賀忍者の城太郎もまたなかなか。

    最後はどこか切ないです。
    だけれどもそのほうがこの作品は
    いいのかもしれませんね。

  • 2009/12/17購入
    2010/7/1購入

  • 既読本

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1922年、兵庫県養父市生まれ。
東京医科大学在学中の’47年、探偵小説誌『宝石』の
第一回懸賞募集に『達磨峠の事件』が入選。
’49年に『眼中の悪魔』『虚像淫楽』の2編で
日本探偵作家クラブ短編賞を受賞。
’58年から始めた「忍法帖」シリーズでは
『甲賀忍法帖』『魔界転生』などの作品があり、
爆発的ブームに。その他本作『警視庁草紙』に始まる
明治もの、『室町お伽草子』などの室町もの、
『戦中不戦派日記』『人間臨終図巻』など、著作多数。
2001年、79歳で逝去。
本年2022年で生誕100周年を迎える。



「2022年 『警視庁草紙‐風太郎明治劇場‐(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田風太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×