明治十手架〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.00
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041356425

作品紹介・あらすじ

明治7年、時は文明開化真っ盛り。往来には義経袴に革靴の女の後を、大礼服に山高帽の男が続く。まさに、百鬼夜行ならぬ百鬼昼行の世…。元八丁堀与力・原胤昭は、恩師有明捨兵衛が悲痛の死を遂げたことから長年勤めた石川大牢獄島を飛び出した。そして、有明の残した姉妹が営む絵草紙屋に身を寄せる。この清麗可憐な姉妹に導かれ、粋な町奴は十手を片手に出獄人保護という徳行に乗り出した。だが、官服纒う物怪や凶悪無残な悪党どもが行く手を阻む。鳴呼、正義は地に堕ちたのか?不思議な縁によって数奇な運命を全うした明治の傑人を描く、大伝奇小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何年かぶりに読み返してるところ。

  • 石川島の看守だった元八丁堀与力の原胤昭は、恩師の娘姉妹に影響され、出獄人保護の仕事をはじめるのだが……。
    山風明治もの最後の長編。他の明治もの同様、史実と虚構が入り乱れる物語に、岸田吟香、ドクトル・ヘボン、星亨など歴史上の有名人が顔を出す構成が愉しい。出獄した五人の悪党と、卑劣な五人の悪徳官憲との因縁、対決に期待しつつ〈下巻〉ヘ。

  • わたしの敬愛する山田風太郎の大傑作伝奇小説です。
    何度も読み返しましたがそのたびに涙が太線になって流れます。
    むー
    やっぱり山風天才ですわ。

  • 原胤昭と凶悪犯たちの、近づいたり遠のいたりのすれ違いがねえ。切ないですねえ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1922年、兵庫県養父市生まれ。
東京医科大学在学中の’47年、探偵小説誌『宝石』の
第一回懸賞募集に『達磨峠の事件』が入選。
’49年に『眼中の悪魔』『虚像淫楽』の2編で
日本探偵作家クラブ短編賞を受賞。
’58年から始めた「忍法帖」シリーズでは
『甲賀忍法帖』『魔界転生』などの作品があり、
爆発的ブームに。その他本作『警視庁草紙』に始まる
明治もの、『室町お伽草子』などの室町もの、
『戦中不戦派日記』『人間臨終図巻』など、著作多数。
2001年、79歳で逝去。
本年2022年で生誕100周年を迎える。



「2022年 『警視庁草紙‐風太郎明治劇場‐(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田風太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×