柳生忍法帖(下) (角川文庫 や 3-10)

著者 :
  • KADOKAWA
3.78
  • (8)
  • (5)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041356524

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読。

    何度読み返しても痛快!
    ストレス発散にもってこいの一冊。

    ことごとく坊さんどもがかっこええ。
    自己犠牲はエンタメのお約束ね。

    ボスの始末は歴史を変えることなくスッキリする形で収めるあたり、さすがです。

    またしばらくしたら読み返す本です。
    大満足。

  • 手に汗握る。
    柳生十兵衛、かっこよすぎでしょ〜
    それにしても、お殿様ってのいうのはあんなことが許されたのかしら?

  •  下巻「雪地獄」編。前半で散々読者に「死ねよ」と思わせてきた仇達は、後半になっても手を緩めること無く「死ねよ!」と思わせてくる。そして主人公柳生十兵衛は増々完全無欠なヒーローっぷり。強いし豪胆だしエロくない。
     上巻から中弛みすること無く、緊張感を保ったまま終結へと向かっていきます。

  • 山田風太郎の主人公のなかでも柳生十兵衛は特に好き。忍法帖シリーズなので理屈抜きに面白く、なおかつ主人公がカッコイイとなればなおさら。あなたの知っている面白い小説は?と聞かれれば山田風太郎は外せませんね。

  • 香炉銀四郎がシャンドン!

  • 山田風太郎の最高傑作らしい。漫画みたいで読みやかった。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1922年兵庫県生まれ。47年「達磨峠の事件」で作家デビュー。49年「眼中の悪魔」「虚像淫楽」で探偵作家クラブ賞、97年に第45回菊池寛賞、2001年に第四回日本ミステリー文学大賞を受賞。2001年没。

「2011年 『誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽 山田風太郎ベストコレクション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田風太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×