伊賀忍法帖 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.91
  • (7)
  • (29)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 174
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041356579

作品紹介・あらすじ

戦国擾乱の世。主君筋の御台、右京太夫に邪恋を抱いた梟雄・松永弾正は、幻術師・果心居士配下の根来鴉天狗に美女狩りを命じる。美女の愛液からなる強力な媚薬、"淫石"を作らせ、篭絡しようというのだ。その毒牙に掛かったのは、伊賀忍者・笛吹城太郎の妻、篝火。死してなお犯され、弾正の愛人と首をすげ替えられたと知った城太郎は復讐を誓い、一人苛烈な闘いを七鴉天狗に挑んでゆくが…。奇想極まる山風忍法帖の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読み終えてみれば切ない史実となりました。伊賀の忍笛吹城太郎の愛の復讐劇。謎の幻術師果心居士の弟子七天狗との死闘と淫な欲望。これが1967年に発行されたものとは…今読んでも全く古さを感じさせない内容でした。甲賀忍法帖とはまた違う魅力があります。

  • 城太郎と右京太夫の身分違いの恋は古典的だが、一周回って新しい。大仏内の仮住まいのシーンが印象的だ。しかし、物語は予定調和で終わらず、城太郎が闇落ちして終わる。その後の果心居士と城太郎が銀河皇帝とアナキンのような関係としたら、右京太夫はパドメ、新左衛門=オビワン、伊勢守=ヨーダだ。弾正はジャバ・ザ・ハットかな。15年後に弾正を討ち果たしたあと、城太郎はどうしたのだろう。SWのように果心居士を倒したのだろうか。

  • エログロ表現で毎度吐きそうになりながら読んでいます。
    いつもここで挫けそうになるのですが、乗り越えれば! 面白いから! と岩にしがみつくくらいの気力を振り絞っています。

    本当、めっちゃくちゃ面白いんだもの。エログロスルーさえできればすっごい面白い。たまらないワクワク感。
    敵が沢山出てきて名前を覚える前に消えていくとかもう慣れたし、そんなことお構いなしに読みたい、読みたいようと思わせてくれる。

    ああ、山田風太郎。なんて面白いんだろう……娯楽小説という言葉がぴったりです。



    そうだ。笛吹城太郎、いつ笛吹くんだろうと待っていたら終わってしまいました。関係なかったんですね。

  • 講談小説でありながら強かにも他作との仄かな繋がりというかリンクを残しながらも圧倒的な情報量でそこへ向けられた意識を一気に押し流す豪快さ。そして復讐譚でありながらも主人公は決して鉄血の士ではなくむしろ酷く脆くて氾濫した河に蛙を投げ入れる様な先への不安さを抱かせつつも話の興は二転三転させる妙。感服。

  • エロい。まあ、名作か。でも売った。

  • 『甲賀忍法帖』に輪をかけて奇想天外でアダルト路線。ありえないよなぁ と漏れ出る感想を一蹴するストーリー展開と忍法のおもしろさ。
    新左衛門の暗躍が鮮やか!

  • 寝られなかった…。一気読み確実。

  • 50年経ってもあまりに斬新なアイデア、しかもそれを惜しげもなく使い捨てる潔さにどんどん引き込まれていく。史実を熟知しているからこそだろうけど、史実に縛られながら、これほどまでに新しく入り組んでいて面白い「歴史」を作り出せてしまう筆力にはただ圧倒される。奇想天外なストーリーと切ない恋情の動きが女としてはたまらん!
    欲望に忠実な人間の、醜さとは少し違う凄まじさの表現がこれでもかと言うほど秀逸で執拗。著者自ら悪役(?)を出来れば物語の中で成敗したのだとでも言いたげな物言いをするのも面白い(笑 そしてその後に事実に基づいたまま、読者を腑に落ちさせてしまうのが著者の一番凄いところだろうなぁ。 

  • 1964年に書かれたとは思えない。時代を感じさせない。ヒロインの造形も対照的で魅力ある。敵方も濃い。

  • あああごめんなさい。
    山田風太郎ファンのみなさま。

    どぎもをぬかれました。
    ついていけませんでした。
    途中で爆笑しました。
    帯に「小説にルールなんざねえ!」とあるのですが
    ま、まさにそのとおり。

    内容というよりも、
    なんでもありな、その自由な精神にふれて
    なんだかはハッピーな気分になりました。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1922年兵庫県生まれ。47年「達磨峠の事件」で作家デビュー。49年「眼中の悪魔」「虚像淫楽」で探偵作家クラブ賞、97年に第45回菊池寛賞、2001年に第四回日本ミステリー文学大賞を受賞。2001年没。

「2011年 『誰にも出来る殺人/棺の中の悦楽 山田風太郎ベストコレクション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田風太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×