忍法八犬伝 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.04
  • (10)
  • (11)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (466ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041356654

作品紹介・あらすじ

安房里見家に代々伝わる家宝がスリかえられた!"忠孝悌仁義礼智信"の伏姫の珠に代わって残されたのは"淫戯乱盗狂惑悦弄"の偽珠。里見家取り潰しを目論む本多佐渡守の策謀であった。珠奪還に健気に奔走する村雨姫のため、甲賀卍谷で修行を積んだ八犬士の末裔たちは奮起する。だが、服部半蔵麾下の妖婉なるくノ一衆8人が立ちはだかり…。その忍法、凄艶絢爛。その筋立て、壮烈無二。反・道徳的にして忍法帖史上屈指の大傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まさに、この面白さは忍法!!

    安房里見家に代々伝わる家宝の球“忠孝悌仁義礼智信”が“淫戯乱盗狂惑悦弄”にすり替えられてしまう。
    それらを取り戻すべく八犬士の末裔達が奮起する。

    残酷淫猥、されど嫌らしさを感じさせない爽快感。
    結びの美しさ、謐かさ。

    さらに、それとなく滝沢瑣吉(馬琴)を登場させてしまうところなど、細部まで凝った一冊である。

  • 犬田小文吾の死に様がかっこよくてそこから一気に引き込まれた。相変わらず忍法は突飛だけどすごく面白かった。

  • 山田風太郎作品はどれも計算され尽くされている物語の展開が読後に「うわぁ!もー!すごい!」となって、読み返したくなります。今回も、この順番で戦わなかったら…という素晴らしい展開でした。甲賀忍法帳と同じようなシチュエーションでありながら、一人一人戦っていくことになる理由付けがきちんと書かれているのが素晴らしい。特に今回はその理由が色恋なだけに読みやすかったです。

  • 設定がいいですよね。
    自由奔放に生きている青年たちが好きな女の為に命を賭けて使命を果たそうとする・・・。ワクワクするお話です。
    この八犬士たちがお互いさほど仲いい訳じゃないってのがまたいい味出していたように思います。
    確かにね、皆村雨を狙っていると知っているなら、変に手を取り合うよりも抜け駆けも辞さぬ、いい所見せたいと考えるのが自然でしょうから。

    忍法合戦については・・・、ちょっと意図が分からない点もあったかな?
    意図と言うか、なぜそこまでして性を絡めようとするのか。
    犬坂毛野のち●こ切り落として影を作る忍法とか、作者にとってち●こじゃないとダメな理由って何かあったのかな?と変な所が気になりました。

    犬塚志乃が最期に球をスリ『入れる』部分、格好良かった。これでようやく任務が完了したんだ、と読んでいて嬉しいような切ないような、そんな気持ちになったなぁ。

  • 安房の里見家に伝わる伏姫の珠がすり替えられてしまった!? 仁義礼智忠信孝悌の八つの珠に変わるのは、狂戯乱盗惑淫弄悦の偽の珠。全ては里見家取りつぶしを狙う本多佐渡守の仕業――自分の所為で里見が狙われたと思い、奔走する村雨姫。彼女の為に八犬士の子孫、けれどもろくでもない男ばかりの面々は甲賀で修業した忍術を駆使し、伊賀くノ一八人衆に立ち向かう。凄絶かつ妖艶な珠の奪い合い、ここに開幕!

    山風の八犬伝は読んだことあるけど、思えばちゃんとした彼の忍者小説を読んだのはこれが初めてでした。忍法~の方を先に知ってたんですけどね。読むのが大分遅れてしまった。最初雑事があってなかなか読書が進まなかったけど中盤に入るにつれじわじわ面白くなっていったので結構さくさく読めた気がする。忍者もの、どう反応すればいいかよくわかんないのだけど、現代の異能ものバトルみたいな感覚で読んでました。忍術すげーわ! でも、そもそも自分は忍者にそんなにひかれないのである…あと久々に読んだ時代ものだったからかな?
    こういうアホで外道でいかれちゃってる犬士達は好きでございます。しかし解説の京極氏の文を読んで初めて気付いたけど、この八犬伝の犬士八人揃わねえww!すげえ!醍醐味潰してるわ! 一人一人死んでいくのが意外で、最初小文吾が脱落した時はまたまた~影武者だよね? って思ってたのだ…毛野ちゃんが好きなタイプだったので早々にリタイヤして残念であった…
    村雨姫に惹かれる犬士どもはアホでバカでとにかく可愛い。特に信乃と姫が入れ替わった時の角太郎が可愛過ぎる。でも村雨姫自身にはそんなに惹かれなかったなあ…お姫様らしい誇りの高さがあってそれは良かったけど……まあヘタに活躍してもあれだけど。むしろこの作品の狙い目はこのファムファタルのような姫の為に命を散らしていく男達を描くことにあるんだろうな。
    ラストが切なかったですね。つうか寂しかった。本編が荒唐無稽で面白かっただけに。ある意味では八犬伝の原典のラストに通じる切なさとか寂しさだと思います。

  • 里見八犬伝といえば薬師丸ひろ子・真田広之の角川映画。
    子供心に、窮地を救うため一人ずつ犠牲になる八犬士に胸を打たれました。
    それと同じように、それぞれ壮絶な見せ場があり散っていく。
    なのに悲しいけれど、どうしてだか、良かったねという気持ちになりました。
    それは八犬士の行動の根本が「正義」ではなく「恋」のためだったからかも。
    序盤の切腹リレーに度肝を抜かれ、その後も摩羅蝋燭、陰武者に袈裟御前、陰舌、地屏風、肉彫りなど、なぜそこでエログロ忍法!?と思いつつも堪能。
    里見安房守のダメっぷりがツボでした(笑)

  • 山風作品は甲賀忍法帖・魔界転生はすでに読んでますが、今回も面白かったです
    血みどろの戦いに次ぐ戦いですが、最後のシメはさわやかさすら感じます
    最後の一文が大好きすぎる

  • のっけから始まるスピード感溢れる展開に、あれよあれよと乗せられてすぐに読み切ってしまいました。忍法が奇想天外なものばかりで面白い。
    多数のメインキャラクターが死んでいく血腥い小説なのに、最後の一文があるだけでこの話全体を綺麗な英雄譚に仕立てあげる。山田風太郎の言葉のセンスに脱帽です。

  • 初・山風。たまりませんな。

    大まじめな顔してふざけてるような、嘘はついてないけど化かしてるような。

    姫の美しさ、精霊のような魅力は何度語られても褪せることなく、読んでいるこちらも焦がれてしまう。
    ひねくれてるはずの犬士たちが姫にだけは頭があがらず、実は純粋な内面でもって、姫のためならあっさり死んでいく。
    話には引き込まれているのに、全然かなしくない。ふしぎ!

    しかしキャラクターだけの物語などではなく、
    構想やらプロットやらミスリードやら、「小説のおもしろさ」でちゃんと屹立しているのです。
    次は何読もうかな。

  • 駄目な男もかっこいい。

全11件中 1 - 10件を表示

忍法八犬伝 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)のその他の作品

山田風太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする