地の果ての獄 下 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (5)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041356692

作品紹介・あらすじ

囚人だって人間だ-と言う原胤昭の言葉が心にかかった四郎助は、いつしか囚人たちが引き起こす事件の内に、彼らの仁義や数奇な人生を見出すようになっていた。そんな中、ある因縁から罠に掛けられた原が命の危機にあると知る。彼を救うべく、四郎助は囚人たちを巻きこんだ大芝居を打とうとするが…。事実と創作を巧みに織り交ぜ、後の"愛の典獄"有馬四郎助の成長と北海道開拓史の一幕を活写した明治群像劇の名著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最後の牢屋小僧の「奇跡」はやりすぎ(笑)

  • 独休庵先生と牢屋小僧いいなあと思ったので、最後の流れがとても印象的だった。歴史を知っているともっと面白く読めるのかな。

  • 明日の移動時間用に取っておこうと思ったのに、ついつい全部読んじゃった。

    上、下(1)、下(2)の3部構成なのかなって思うくらい、下巻は今まで通りに進んでいった。
    終わりは奇蹟が起きた訳ですけれども。

    まあ、それはともかく。
    色んな人がいて、いろんな出来事が合って読み始めると止まらない。

    巻末に年表が合って、ちょっと嬉しい。勉強しないと。

  • 去年、網走監獄博物館を訪れたので大変興味深く読ませていただきました。行く前に読んだらかんがいもひとしおだったかな。以外にも初山田風太郎。もっと読みたくなった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1922年、兵庫県養父市生まれ。
東京医科大学在学中の’47年、探偵小説誌『宝石』の
第一回懸賞募集に『達磨峠の事件』が入選。
’49年に『眼中の悪魔』『虚像淫楽』の2編で
日本探偵作家クラブ短編賞を受賞。
’58年から始めた「忍法帖」シリーズでは
『甲賀忍法帖』『魔界転生』などの作品があり、
爆発的ブームに。その他本作『警視庁草紙』に始まる
明治もの、『室町お伽草子』などの室町もの、
『戦中不戦派日記』『人間臨終図巻』など、著作多数。
2001年、79歳で逝去。
本年2022年で生誕100周年を迎える。



「2022年 『警視庁草紙‐風太郎明治劇場‐(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田風太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×