まぼろしのペンフレンド (角川文庫 緑 357-6)

著者 :
  • KADOKAWA
3.42
  • (1)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041357064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  眉村卓さんの作品は、中学生の頃、よく近所の図書館から借りてきて読んでいたのを思い出します。ただ、この本はタイトルは知っていましたが、読んだのはこれが初めてです。

     文通をきっかけに、主人公の少年は事件は巻き込まれます。相手はロボットを操る巨大組織(?) 中学1年生の主人公ではかなうはずもなく、ストーリーは終始緊迫感があります。最後は事件解決の鍵ともなる女主人公と、途中でわかり合えないまま離ればなれになるのもお約束どおりです。

     さて、事件の解決の仕方が気に入りました。つまり、ロボットを力で制圧するのではなく、ロボット(非人間的なもの)の究極の反対側にある感情、すなわち、きわめてヒューマンな部分を武器(?)に見立てるわけです。

     単に面白く読めればいいだけのSFではなく、筆者のあたたかいメッセージが伝わってくるようです。

  • 表題作「まぼろしのペンフレンド」、「テスト」、「時間戦士」が収録された少年向けSF小説です。
    内容的には、今となっては古くさいところもありますが、それでも緊張感があって、けっこう面白かったです。

  • 11 三編収録。少年向けとはいえ、引っ張り込まれるものがある。

  • 中編3篇

    まぼろしのペンフレンド    テスト    時間戦士   

  • 25年ぶりぐらいに読み返してみる。

  • これを読んでた頃、取り付かれたように眉村氏の本を読んでいた。

全6件中 1 - 6件を表示

まぼろしのペンフレンド (角川文庫 緑 357-6)のその他の作品

眉村卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ダニエル キイス
有効な右矢印 無効な右矢印

まぼろしのペンフレンド (角川文庫 緑 357-6)はこんな本です

ツイートする