重力地獄 (角川文庫 緑 357-16)

著者 :
  • KADOKAWA
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041357163

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 既読本

  •  彼の作品は、どれも短時間ですんなり読めるものが多いのですが、この本は、少々てこずりました。

     設定が難しいというか、用語が難しいというか、その辺に理由がありそうです。

     宇宙から見ている作品が多いので、地球とか人間が、少しちっぽけに見えてしまうのがさびしいです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1934 - 2019。SF作家。1979年に『消滅の光輪』で泉鏡花文学賞および星雲賞を受賞。また1987年に『夕焼けの回転木馬』で日本文芸大賞を受賞。代表作にジュブナイルSFの名作といわれる『なぞの転校生』『ねらわれた学園』などがある。

「2023年 『不思議の国の猫たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

眉村卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×