産業士官候補生 (角川文庫 緑 357-19)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041357194

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  中学生の頃だろうか。近くの図書館から借りてきて、むさぼるように読んだのを覚えている。当時の私には、眉村氏が描き出すSFの世界がまさに近未来に思えた。

     この本に出てくる9つのストーリーは、ほぼ完璧に忘れ去られていたはずなのに、読み始めたら鮮やかに記憶が蘇ってきた。パイオニア・サービスの無任所要員 杉岡勉、クイズマンのミト・ユズル、筋肉手術を受けて表情術をマスターする小松原和子・・・。どのキャラも限りなく魅力的だ。

     7年間の研修を経て産業将校を育成する「産業士官候補生」も、なかなかユニークなストーリーである。そういう自分も4年間も研修を受けていたことを思い出した。そして、どことなく村上春樹の世界をイメージさせる「スラリコ・スラリリ」。

     いやあ、中学生の私が夢中になるのもわかります。久しぶりに心底面白い本を読みました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

眉村 卓(まゆむら・たく)/1934年、大阪に生まれる。大阪大学経済学部卒。耐火煉瓦会社勤務の傍ら、SF同人誌「宇宙塵」に参加。61年、「SFマガジン」第1回SFコンテストに投じた「下級アイデアマン」が佳作入選し、デビュー。63年、いわゆる日本SF作家第一世代の中で最も早く、処女長編「燃える傾斜」刊行。その後コピーライターを経て、65年より専業作家になる。企業社会と個人の関係をテーマにしたいわゆるインサイダー文学論を唱え、ショートショートやジュニアSFでも健筆をふるい、絶大な人気を博す。71年、未来の管理社会を描いたインサイダーSF〈司政官〉シリーズを開始。79年、その長編第一作『消滅の光輪』で第7回泉鏡花文学賞を受賞した。近刊に、『眉村卓コレクション異世界篇Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』、『たそがれ・あやしげ』、『自殺卵』などがある。

「2014年 『歳月パラパラ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

産業士官候補生 (角川文庫 緑 357-19)のその他の作品

眉村卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする